西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

はこにわ薬草畑

2018年07月25日

 

 この時期は大変です。畑には敵が多いからです。先日も作業が終わり足を見たら、膝下横一列に五ケ所刺されていました。赤く充血して2日ほどかゆみが治まりませんでした。こんな時は自家製「紫雲膏」の出番です。自家製無農薬の当帰の根が成分に入ります。すっかり良くなりました。ところで6月の畑はとんでもないことが起りました。

当帰の花が畑一面咲いたのです。かつてこのような経験がありませんでしたので、とても感動です。

9月までは、暑さと虫との戦いが繰り広げられる薬草畑です。汗をたっぷりかきたいと思います。