西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

 皆様、新年はいかがお過ごしでしょうか。この薬樹は10年前に植えた山茱萸の木です。これからとても鮮やかの黄色の花を咲かせます。山茱萸は実を使い、滋養強壮剤として使われますが、下半身を強くし、膝腰を温め、痛み、耳なり、耳が聞こえにくい方にも使われます。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方音楽が、出来上がりました。作曲家の小松正史さんと作りました。2018年12月7日にリリースされます。むつごろう薬局・むつみ薬局・京都にて数か所で同時販売致します。ご予約を受け付けています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

からす瓜

2018年06月21日

紅葉の終わった大木に、柿の様な朱赤の果実をつけた蔓を見つける事があります。カラスウリです。カラスしか食べないという意味で付けられたそうですが、実際にはカラスも食べないと言う話を聞いた事があります。

 このカラスウリの仲間でテニスボールの様な黄色の身をつけるキカラスウリがあります。

 これらの根はサツマイモのような塊で、コルク状の外皮をむいて薬用とします。
  カラスウリの根をオウカコン、キカラスウリの根をカロコンと呼び、 あせもやオムツかぶれに使用された天花粉はカロコンから作られていました。現在は主にトウモロコシのデンプンを使ったものがシッカロールやベビーパウダーとして売られています。

 カロコンには潤肺・排膿・止渇作用があるため内服すると咳・痰・口渇に効果があります。
 柴胡桂枝乾姜湯はカロコンを使った代表的な漢方ですが、みぞおちがつかえる・胃がチャポチャポする・冷たい空気を吸い込むと咳きが出る・口が渇くと言った症状が当てはまる人に向いたお薬です。

 唾液の分泌が減って口が渇くシェーングレン症候群では、新薬の効果が得られなかった方にもこの漢方で改善した例があります。
 また、長引く風邪・口内炎・体が何となくだるいと言った不調にも有効です。