西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

畑の薬草たちは順調に育っています。二年目の当帰は花を咲かせています。根がやせてしまいますが種の収穫用です。熱くなる日が多くなるので専ら仕事は朝と夕方になります。

むつごろう新聞

トピックス情報

赤ちゃんが欲しい「あかほしネット」にご紹介を頂きました。

https://akahoshi.net/facility/pickup/detail-8.php

 

 

ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方温腹巻
漢方音楽
人と空間が生きる音デザイン

雷雨後に空が晴れるように 

2020年05月14日

手にはたくさんのツボがあります。最近手を洗うことが多いですが、嵐の手洗いソングで楽しく洗っている方も多いかもしれません。すりすり(手のひら側)、のびのび(手の甲側)、ごしごし(指先・爪の間)、にぎにぎ(指の間)、ねじねじ(親指を手のひらで)、くるくる(手首)とありますが、にぎにぎの時に少し力・・・

・・・続きを読む

心の状態が体の健康を左右する心身一如の考え方とは?

2020年05月01日

今回は、漢方における特徴的な考え方のひとつ、心身一如をご紹介します。 これはどのようなことを意味しているのかというと、心と体は全く別のものではなく密接な存在であり、互いに影響を与え合っているという考え方になります。 対して、西洋医学では心と体は別物と捉え、互いを切り離した上で診断、治療を・・・

・・・続きを読む

つらい頭痛の味方・・・ごしゅゆ

2020年04月16日

今回は、『呉茱萸(ごしゅゆ)』という生薬を紹介します。呉茱萸はミカン科の落葉低木、ゴシュユ、ホンゴシュユの未成熟な果実です。黒っぽい色で、直径2~5mmの球形の小さい粒です。精油を含んでいて芳香があり、味はかなり辛みが強く苦みもあります。呉茱萸は胃腸や内臓を非常によく温める働きがあり、寒冷によって起・・・

・・・続きを読む

段差解消

2020年04月06日

今回はツボの話ではないのですが、どなたかの参考になれば嬉しいです。父が骨折をして車椅子を使うようになりました。介護認定は受けていなく、母が介助しているのですが、トイレの入り口に段差があるのでスロープを探しにホームセンターに行きました。予想通り介護用品のところにスロープがありました。段差は6cmな・・・

・・・続きを読む

インカインチ プロテイン

2020年03月25日

インカインチプロテインは、たんぱく質だけでなく、亜鉛、鉄分、マグネシウム等のミネラル、ビタミン群、オメガ3脂肪酸、食物繊維などマルチ栄養素を摂取できます。甘味料や香料等添加物不使用の純植物性プロテインです。必須アミノ酸が豊富でかつバランスが良く、グリシン、アスパラギン酸、グルタミン酸なども含めアミノ・・・

・・・続きを読む

家康公の健康法「なぜ家康公は漢方薬草園を作ったのか?」

2020年03月16日

北の方角を守る獣神「玄(げん)武(ぶ)」 徳川家康公は、幼少の頃より現静岡市の中心に住んでいました。そして家康公が築いた駿府城は、駿河国の府中(政治を執り行う場所)よりその名称が付けられました。その駿府城の北の方角に薬草園があり、4300坪という広大な敷地でした。現在は、静清信用金庫長谷通り支・・・

・・・続きを読む

空っぽ健康法

2020年03月04日

孤独を知ること  話は変わりますが、青山学院大学教授の榊原英資さんの著書の一部に興味深い内容を見つけました。少し書いてみますね。 『欧米においては、「大人になる」とは「孤独を知る」ということです。欧米人は「孤独に耐えられる」ということも大人の条件と考えます。一人でいることを気にしないとか、一人で・・・

・・・続きを読む

「怒らない」「悩まない」で妊娠力をアップ

2020年02月26日

努力が結果に結びつかないこともある妊活中は、イライラ、クヨクヨしがちです。でもマイナスの感情が赤ちゃんをかえって遠ざけてしまうこともあります。ときには漢方薬の力も借りながら、 体も心もよりよい状態にととのえましょう。 授かるためには一心の状態も大事です 不妊治療、というと、足りないホル・・・

・・・続きを読む

蘇葉

2020年02月06日

庭の梅の花が、今年は例年より10日早く開花しました。 実梅なのでそれ程美しくはありませんが、鉢植えなのに昨年は60個近く収穫できました。  この梅を梅干にするため、我が家では赤ジソも育てています。 春先にこぼれ種から発芽した苗を育てているだけなので威張れるものではありません。  以前青ジソの・・・

・・・続きを読む

ツボのお話(鍼灸編)

2020年02月03日

2月22日には、西暦でも和暦でも2が並びますね。翌日の23日は、天皇陛下が還暦を迎えられます。今年の干支は庚子(かのえね)です。庚か子が入っているツボがあればよかったのですが、奇穴の「子宮」以外にはありません。ツボの本をめくっていたら、承という字の中に、子があるように見えました。「子」は小さい子供を・・・

・・・続きを読む

1 / 1812345...10...最後 »