西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

当帰の花が満開です。今年の畑は畑一面当帰の装いです。当帰は女性の力強い味方。無農薬で作ればもっと良いと思い、15年前から作り始めました。少しでもお役に立てれば・・・そんな思いです。

むつごろう新聞

トピックス情報

漢方薬を作る原料です。桂皮は遠くベトナムから、茯苓は朝鮮半島から海を越えはるばる静岡までやってきました。

桂皮はベトナムでもNo1の最高級、茯苓もNo1の北鮮産のものです。漢方薬も近年段々と良いものが無くなりつつあります。

「良い漢方薬でその方にあった最高のものを作る。」私たちの師である田畑隆一郎先生のお言葉です。

ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

柴胡剤と婦人病

2018年06月11日

皆さん、三島柴胡はご存じですか。  漢方の世界では、高麗人参と同じくらい有名な薬草です。三島柴胡と言うだけあって静岡県の三島が本場の産地。只今では野生のものは殆どありません。その柴胡は、私にとって一番の思い出深い生薬なのです。なぜなら薬草栽培で初めて育てた生薬だからです。その当時を思い出してみまし・・・

・・・続きを読む

赤パンツと紫の鉢巻

2018年05月21日

 先日巣鴨に行って、赤い腹巻を買ってきました。赤パンツより洗濯の回数が少なくていいようにです。赤パンツをはくことにより丹田に力を入れるのと同じような効果が得られるそうです。ここでいう丹田は臍下丹田、「関元(かんげん)」というツボでおへそから指4本下にあります。全身の気が集まるところと言われています。・・・

・・・続きを読む

アレルギーは腸から治す・・医師の林隆博著

2018年05月07日

ベストトリム  生まれてくる赤ちゃんがアトピーにならないために、できることがあるとしたら、したいと思いませんか? それは妊娠中に「ベストトリム」を摂取し、お母さんの腸内細菌を整えておくことです。ベストトリムは1日2包でブレーベ菌420億個とアシドフィルス菌50億個を摂ることができます。   普通分娩・・・

・・・続きを読む

簡易梅花針 

2018年04月02日

梅花鍼という鍼があります。先端に9本の鍼がついていて、それでトントンと叩く鍼です。円形脱毛症の時など、中心部のお灸をしたり、梅花針で軽度の刺激を与えます。自分でお灸をするのは難しいですが、トントンと叩くのは簡単にできますね。梅花針を専門学校の時に、中国研修に行った同級生からお土産でもらったのです・・・

・・・続きを読む

花粉症と漢方薬 その3

2018年03月28日

花粉症が漢方薬で改善された例  10年以上も花粉症に苦しんでいる35歳の女性。この時期はくしゃみ、鼻水だけでなく喉の痛みで辛くなる状態でした。平素虚弱体質で、疲れやすく、冷え性ですぐ横になりたがる痩せ型の体型。例年耳鼻科の内服と点鼻薬を使用していました。この方の特徴は、体が冷えやすい事と、冬に・・・

・・・続きを読む

花粉症と漢方薬その2

2018年03月16日

花粉症は水毒(すいどく)から起こる  漢方ではこのように考えます。水毒というのは、東洋医学特有な考え方で体の中に余分な水が溢れて、病気を起こす現象です。花粉症では特に鼻の粘膜の辺りに汚れた水が溜まり症状が出ると考えます。その汚水を「桂(けい)枝(し)と麻(ま)黄(おう)」という生薬を使って汗として・・・

・・・続きを読む

花粉症と漢方薬 その1

2018年03月07日

皆様こんにちは。  今回は花粉症について書いてみますね。今や3人に1人が花粉症を患っていると言われています。気候のよいこの時期に花粉症さえなければ、どれほどに気持ちが良い事かと。受験生にとっては尚更です。   症状は、クシャミ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみに始まり、咳に苦しむ方や、皮膚が痒くなる方・・・

・・・続きを読む

蒸しタオル  

2018年02月19日

(写真は、当帰のかさがけ)  株主優待生活を少しだけしています。ポイントで商品を選べる会社もあり、本命商品で余ったポイントでレンジでチンするアイピローをもらいました。温かいのですが、重みがありそれが気になりました。約160gあります。眼にも少し重みがかかります。鍼灸学校で習った、アシュネル反射を思・・・

・・・続きを読む

希言は自然なり

2018年02月01日

 今年は開局25年目の年となります。ここまで長く続けられたのも皆様方のお陰と心から感謝しております。25年前に健康に生きる秘訣を「むつごろう健康五ヶ条」にまとめたことを思い出します。その五番目に「真の健康とは心と身体が調和し常に自然体であること」と書きました。なんとなくその意味はご理解頂けると思・・・

・・・続きを読む

はこにわ薬草畑

2018年01月15日

(写真は、当帰の種。今年は12月に種を付けた株がありました。)  昨年の薬草畑は不思議な事が起こりました。11月下旬にも関わらず7月に花開く「当帰の花」は咲いていました。これも自然界の変化なのでしょうか、それともたまたまでしょうか。何か理由があるはずです。さて、今年の畑は少し賑やかになるかも知れま・・・

・・・続きを読む

1 / 1312345...10...最後 »