西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

暑さはいつまで続くのでしょうか。畑にいると植物の呼吸が聞こえてくるようです。暑さで短気になってきていませんか。深い呼吸を心がてることが大切です。

むつごろう新聞

トピックス情報

漢方温腹巻 ・・私たちは、婦人の主薬「当帰」を無農薬・有機肥料で栽培を始めて20年が経ちます。その畑の当帰葉による汗を吸う力、湿気を外に出す力を活かし、保湿力に優れた100%の絹防糸で一つ一つ丁寧に染め上げ、腹巻を作りました。全てが手作りの為、染に多少ムラがございますが、植物由来の力で心も体もポカポカになっていただければと思います。この商品にご興味がある方は担当薬剤師までお申し付けください。

ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

喉の痛みに

2019年08月19日

   服を自分で縫えるようになりたいと、何年も前から思っていました。ミシンを使って服を作るワークショップがあったので、東京ホビーショーに行ったのですが、そこで手縫いで服を縫うワークショップにも参加しました。難しい襟ぐりも手縫いならなんとかなったので、手縫いから始めてみようと思いました。手縫・・・

・・・続きを読む

水毒からくる婦人病

2019年07月24日

  新しい畑を求めて・・・   毎年、暑く湿度の高いこの時期になると必ず思い出すことがあります。それは、新しい畑を求めて静岡の山間部、井川周辺に通った時のことです。もう十余年前の事になります。 七月から作業に入り炎天下のもと一日中草刈に追われ、その後耕運機で石の畑を掘り起こしま・・・

・・・続きを読む

陳皮

2019年07月19日

美白にはビタミンC ビタミンCと言えばフルーツ。いちご、キウイ、みかんが浮かびます。 ビタミンCは免疫力を上げるので冬に食べるみかんは、とても体に良いものです。  温州みかんの外皮は「陳皮」と呼ばれ、入浴剤や薬に利用されています。 「陳」という文字は「古い」という意味があり、古くなったものが良・・・

・・・続きを読む

地黄(じおう)

2019年07月03日

今回は『地黄(じおう)』という生薬を紹介します。ゴマノハグサ科の多年草、アカヤジオウやカイケイジオウの根です。生根を生地黄、生地黄を天日干ししたものを乾地黄、乾地黄を酒に浸けて蒸したものを熟地黄といいます。漢方薬で用いるのは通常、乾地黄で紡錘形の黒褐色、質は柔らかめで粘性があります。味は初めわずかに・・・

・・・続きを読む

知母(ちも)

2019年06月17日

生薬の中には、芍薬やシナモン、生姜など身近な物もありますが、ほとんどは初めて知る物ばかりです。 今回はその中から知母を紹介します。  知母はユリ科のハナスゲの根茎で解熱・抗菌・鎮静・鎮咳作用があります。また軽度の血糖降下作用も認められ、幅広い疾患に利用されています。  日本には、江・・・

・・・続きを読む

かきどおし

2019年06月05日

  糖尿病の方など、1日15gを煎じて、3回に分けて飲んでいただくといいお茶です。 シソ科の植物なので、味は少しスーッとしています。花の咲いている4~5月ころ根は残し、根元の茎より上部を採取し、刻んだものです。血糖降下作用が期待できます。 かきどおしは、4~5月ごろ薄紫色の花が咲く時には・・・

・・・続きを読む

漢方薬を畑から作る(乾燥編)

2019年05月31日

 医薬品を作ることは非常に大変です。まだ30代の血気盛んな男は、畑の無農薬・有機肥料で作った薬草「芍薬」と「当帰」を真剣に薬にする事を考えました。そこには大きな壁が立ちはだかりました。それは、沢山の難しい検査試験と製造するための施設の建設、そして何よりも私の頭を悩ませたのは、答えがない製造工程を自前・・・

・・・続きを読む

漢方薬を畑から作る

2019年05月15日

 「グサッ、グサッ、グサッ、スコップを8回突き刺す。後は、力いっぱいスコップの柄を地面に押し付ける。畑の土が30cmほど盛り上がり、その中からは、芍薬の根がまるでたこの足のように姿を現した。5年ぶりの芍薬の根とのご対面である。 芍薬の収穫に立ち会ったのはこれで2回目である。1回目は15年前で、・・・

・・・続きを読む

令冷鈴

2019年05月01日

 令和になって初めての新聞ですので、「令」と「和」がつくツボを紹介します。 「令」は「冷」になりますが「清冷淵(せいれいえん)」、手の少陽三焦経のツボです。「和」は「和髎(わりょう)」同じく手の少陽三焦経のツボです。三焦は特定の器官を指すのではなく、横隔膜から上部の機能を上焦、横隔膜から臍までの間・・・

・・・続きを読む

色々な人参

2019年04月15日

生薬として人参と呼ばれるものは大きく分けて3つです。   ① 御種人参・・・「別名」薬用人参・紅参・朝鮮人参・高麗人参   ② 竹節人参   ③ 田七人参  今回は①の御種人参を中心にお話します。    野菜の人参は、種を蒔いてから約半年で収穫できるのに対し、これらの人参は6年前・・・

・・・続きを読む

1 / 1612345...10...最後 »