西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

漢方堆肥です。これを使って、今年は当帰の苗作りに挑戦です。とはいっても研究用に作る程度ですが。毎年奈良から届く素晴らしい当帰の苗に少しでも近づきたいと思います。

むつごろう新聞

トピックス情報

 「漢方音楽」です。作曲家であり京都精華大学教授の小松正史さんと一緒にリラックス環境音楽を作りました。静岡朝日テレビが2月13日に、テレビ静岡が2月28日(木)11時19分から「ちょっといいタイム」で取り上げてくれます。

ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

顔が青いとき

2019年02月07日

最近、万年筆やボールペンを使いやすいように改造しました。5色ペンを使って色分けして手帳に記入しているので、普段は手帳に5色が1本になったペンを使っています。新月の日、つまり旧暦の朔日(ついたち)には新月のお願いを緑のペンで手帳の半ページくらい書きます。その時には、緑色のインクの万年筆を使っていま・・・

・・・続きを読む

手作り漢方薬 「四逆散」

2019年01月31日

         (以前柴胡を栽培した時の様子)  これは、三島柴胡が中心となっている漢方薬です。静岡県の三島がブランド名として付けられています。昔は良質品が取れた場所でしたが、今では流通が有りません。私達薬局でも以前無農薬栽培で100坪ほど柴胡作りに挑戦したのですが、繊細な植物で継続栽培を断・・・

・・・続きを読む

亥と咳と核

2019年01月28日

 2019年の干支は己亥(つちのとい…土の弟・い)です。甲子(きのえね…木の兄・ね)が干支の1番目で、己亥は36番目です。つちのとは、十干のうちの6番目ですが、木火土(もっかど)と3番目で、亥は十二支の最後なので、3×12で36となります。亥年は干支の何番目か計算するのに、12の倍数になるので分・・・

・・・続きを読む

出るものと、入るもの  

2019年01月07日

あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。 お正月は、いかがお過ごでしょうか。仕事の方はお疲れ様です。私達もいつもより長いお休みを頂きリフレッシュさせて頂きました。ありがとうございます。  今年は、大きなイベントがありますね。5月に新元号となり、9月にはラグビーW杯が日本で・・・

・・・続きを読む

漢方を音楽にする

2018年12月06日

 漢方は口から飲むものであり、音楽は耳から入るものであります。どちらも、人の心身に深く影響を与え、明日への活力を促す役目を担っています。  私は小さなときから「音を聞く」ことが大好きでした。遠くから迫る雷の音をじっと聴き入ったり、隣家の機織りの機械音に耳を傾けていました。音が身体に染み通る・・・

・・・続きを読む

子育飴

2018年11月28日

 静岡県掛川市、旧東海道の日坂宿と金谷宿の間に小夜の中山峠があります。小夜の中山には「夜泣き石」という伝説があります。身重の女がある石の近くで襲われ、おなかを切られました。おなかの切り口から生まれた赤ん坊を助けるため、母の魂はその石に乗り移って泣きました。泣き声に気付いた久延寺のお坊さんに拾われ、お・・・

・・・続きを読む

五感を磨く  

2018年11月12日

(写真は、スペイン安彦さんの畑より・・・羊の移動) 皆さんこんにちは。  今年も残り僅かになりました。来年は「平成」最後の年となります。次の元号は何になるのでしょう。現代人の気持ちの焦りを漢方で緩めたい思いから、「寛」の字を付けてもらいたい気がします。「寛」は私の名前でもありますが、寛容、寛・・・

・・・続きを読む

1150 (いいごえん)

2018年10月19日

 お盆休みに電車で4日間の旅行をしました。主な目的地は天橋立、鳥取砂丘、大山寺、出雲大社です。日本三景のうち行ったことのなかった天橋立に、やっと行くことができました。傘松公園の股のぞき台で、股のぞきもしてみました。コウノトリの郷公園がある兵庫県の豊岡市に宿泊し、バスツアーなどでコースに入って・・・

・・・続きを読む

「歯みがきの SANGOKUN」 

2018年10月03日

「小さいころからは歯磨きが嫌いで、いつも虫歯と戦っていた自分ですが、30歳を過ぎてから、歯の大切さを実感しましたが、時既に遅しで治療だらけになってしまいました。歯磨き粉をいろいろ使ってきましたが、歯みがきをしてこんなに歯がツルツルしたことは未だかつてありませんでした。今、1ヶ月使用しましたが、ツルツ・・・

・・・続きを読む

お血とゴースト血管

2018年09月06日

瘀(お)血(けつ)の見つけ方 病は、始まりが肝心です。健康診断のように早い段階で見つけることができれば、悪化しなくて済むからです。この怖い瘀血を見つけるには、どうしたら良いのでしょうか。血の流れがとどこおると、目のまわりにくまが出来たり、皮膚はガサガサし、しみが出来たり、唇や歯ぐきが黒・・・

・・・続きを読む

1 / 1412345...10...最後 »