西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

NEWSPAPER no185(むつごろう・むつみ新聞)

2018年05月18日

ようやくむつごろう・むつみ新聞も今回で185号となりました。

書き始めたのは、1994年ぐらいだと記憶しています。もうすぐ25年目になります。

今は隔月に発行し、1000人の方にお配りしています。内容はいかがですか。少し難しい内容の時もありますが、お許しください。

最近ではこの新聞を待っていただいている方も多くなってきました。継続は力になるのですね。面白くない文章が多いと思いますが、少しでも漢方薬の効果を引き出せるようスタッフ一同書いております。

これからもよろしくお願いいたします。

185号の内容

  1. 柴胡剤と婦人病
  2. 赤パンツと紫の鉢巻
  3. はこにわ薬草畑
  4. ときめくり(大嶽泰敏作)
  5. INFORMATION

 大学講義のお知らせ マイベストプロ東京 静岡オンライン

  詳しくは・・・むつごろう新聞_185号_180507 (1)