西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

朝の薬草畑は、とても気持ちが良いです。元気が出てくるのは土に触っているからでしょうか。

まだ当帰の芽は出てきません。


むつごろう新聞

トピックス情報

毎年、東邦大学薬学部小池教授から、ぼたんを頂きます。この牡丹は7-8年物になりますが、毎年色鮮やかな花を咲かせます。とても良い香りで店先が包まれます。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
メディア:

妊活スタ-トBOOK(主婦の友)掲載のお知らせ

2017年08月09日

P44-45に妊活者のリアルレポートのコーナーに「授かりやすい体質づくりを」と題しまして掲載を頂きました。

この度のご相談の方は大変しっかりとした考えをもたれた方でした。多くの質問にハキハキ答えて頂き、状態をよく確認させていただけました。漢方薬は抑肝散を主に考えましたが、この漢方薬は、婦人科で有名な当帰芍薬散の変方になり、合っていますと短期間で結果が出やすいと思います。良い結果が出ることを願っております。