西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

秋も深まり、落ち葉が薬草当帰を包んでいます。まだまだ葉が黄色くならずに頑張っています。当帰の健康茶が発売されました。詳しくはお店でお聞きください。

むつごろう新聞

トピックス情報

NHK BSプレミヤム「偉人たちの健康診断(マガジン社)」が本になりました。P36からの徳川家康公のコーナーにて健康専門家としてご紹介を頂きました。

2020年1月9日、20時からの番組にも出演依頼を受けましたので、重ねてご覧ください。

ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

中国における漢方の成り立ち

2019年03月07日

これから数回に渡って、漢方ができた背景について取り上げていきます。 初回となる今回は日本に伝わる以前、つまり中国での成り立ちについて解説していきます。 漢方の起源は非常に古く、殷の時代である紀元前1500年頃だと言われています。文献上で最古の医学の存在が確認できたのもこのころです。疾病や身体・・・

・・・続きを読む

漢方の基本的な考えとは?

2019年03月06日

漢方とは痛みや怪我など局所的な体の不調だけではなく、身体全体の状態を鑑みて治療法を決めていく医学です。 このとき特徴的なのは、病人を治すことだけを目的として治療を行うことです。病ではなく、人を診る漢方では当たり前の考え方なのですが、病のほうに気を取られて本来の目的を見失ってしまうことは・・・

・・・続きを読む

世界に認められた日本の医術

2019年03月01日

江戸時代に入ると鎖国が始まり、大陸との交流や貿易には制限がかかります。 医学も例に漏れず限定的な情報しか得られなかったため、日本独自の考え方や治療法が発展していくことになりました。 漢方からは横道に逸れてしまいますが、日本の医学史にとって非常に重要な部分になりますので、少しだけ触れていこうと・・・

・・・続きを読む

むつごろうの漢方薬@基礎知識講座

2019年02月27日

漢方の世界へ こんにちは。 本日から始まりました「むつごろうの漢方薬@基礎知識講座」は、知っているようで知らない漢方の歴史やその性質、現代医学での立ち位置など様々なお役立ち情報をお伝えしていきます。訪れたみなさんには、肩肘張らずに見ていってもらえれば嬉しい限りです。 さて、漢方と聞・・・

・・・続きを読む

当帰の苗作り

2019年02月15日

当帰の苗作りを始めました。漢方堆肥に、腐葉土を入れて、たっぷりのもみ殻を入れて畑をふかふかにしていきます。 この‘もみ殻‘は、20年以上のお付き合いがあります「アンコメ」こと安東米店の無農薬玄米のもみ殻を使っています。完全無農薬化のためにもみ殻までこだわってみました。 漢方堆肥(漢方薬を・・・

・・・続きを読む

男子力・・・畑作業

2019年01月24日

皆さんこんにちは 今朝は仕事前に畑作業を少しだけしてきました。 とても気持ちが良く、朝の畑はパワーがみなぎってきます。作業は、天地替えのあとに土を柔らかくする目的で腐葉土と、漢方堆肥を撒いてきました。ワイシャツを脱ぎ、半袖での作業でしたが、汗が出るほどでした。もくもくと作業しているとエネルギーが・・・

・・・続きを読む

天地替え

2019年01月16日

今年の畑は、当帰の苗作りを予定しています。 同じ生薬を繰り返し育てると連作障害が起こります。そのため、畑の奥深くの土を表面まで掘り起こす作業をします。昼からのスタートになりましたが、すぐに鍬が傷んでしまったので、スコップに切り替えました。30分で汗だく状態。3時間もたつとさすがに、スコップを踏みつ・・・

・・・続きを読む

NEWSPAPER no189(むつごろう・むつみ新聞)

2019年01月07日

大阪に行ってまいりました。花園ラグビー見学です。花園での学生ラグビーの試合は本当に素晴らしかったです。皆、心を一つにしてお互いを信じ相手にぶつかっていく姿は、感動で胸が熱くなりました。とても充実できました。さて、年始の新聞ができました。内容は、以下のものです。ご興味がある方が、PDFを開いてご覧くだ・・・

・・・続きを読む

お正月咲き「牡丹」の花

2019年01月07日

毎年、お正月咲の牡丹が届きます。 送っていただいている方は、東邦大学教授の小池先生です。 先生とのお付き合いは2002年から。まだ助教授をされていたころの17年前になります。 この間、先生のご指導はとても素晴らしいもので、いつも感謝の気持ちで一杯です。  私がスランプの時も、いつもと変りなく明・・・

・・・続きを読む

白輪柑子(しらわこうじ)みかん

2018年12月26日

ミカンの原種である「白輪柑子(しらわこうじ)みかん」を育てています。師匠から漢方志すもの育てていた方が良いとのことで、10年前に植えたものです。1本は枯れてしまいましたが残りの木が大きくなりました。今年も沢山のミカンを付けています。  この種はサイズが半分以下で可愛いサイズです。香りが強く漢方薬の・・・

・・・続きを読む

3 / 2112345...1020...最後 »