西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

暑さはいつまで続くのでしょうか。畑にいると植物の呼吸が聞こえてくるようです。暑さで短気になってきていませんか。深い呼吸を心がてることが大切です。

むつごろう新聞

トピックス情報

漢方温腹巻 ・・私たちは、婦人の主薬「当帰」を無農薬・有機肥料で栽培を始めて20年が経ちます。その畑の当帰葉による汗を吸う力、湿気を外に出す力を活かし、保湿力に優れた100%の絹防糸で一つ一つ丁寧に染め上げ、腹巻を作りました。全てが手作りの為、染に多少ムラがございますが、植物由来の力で心も体もポカポカになっていただければと思います。この商品にご興味がある方は担当薬剤師までお申し付けください。

ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

お正月咲き「牡丹」の花

2019年01月07日

毎年、お正月咲の牡丹が届きます。 送っていただいている方は、東邦大学教授の小池先生です。 先生とのお付き合いは2002年から。まだ助教授をされていたころの17年前になります。 この間、先生のご指導はとても素晴らしいもので、いつも感謝の気持ちで一杯です。  私がスランプの時も、いつもと変りなく明・・・

・・・続きを読む

白輪柑子(しらわこうじ)みかん

2018年12月26日

ミカンの原種である「白輪柑子(しらわこうじ)みかん」を育てています。師匠から漢方志すもの育てていた方が良いとのことで、10年前に植えたものです。1本は枯れてしまいましたが残りの木が大きくなりました。今年も沢山のミカンを付けています。  この種はサイズが半分以下で可愛いサイズです。香りが強く漢方薬の・・・

・・・続きを読む

畑の芸術作品

2018年12月10日

この作品は、なんだかわかりますか? 実はこれ、昨日畑に行って持ってきたものです。雑草をかたずけるのに一苦労でした。雑草の種が全身にくっ付きとるのも大変、チクチクと皮膚を刺激する中での作業も大変でした。  雑草の中で眠るように横になっていたものは、「当帰(とうき)」の幹の部分でした。今年の5-6月・・・

・・・続きを読む

「漢方音楽」が発売です。

2018年12月07日

小松正史(作曲家、音育家、京都精華大学教授)さんと、作り上げました「漢方音楽」が出来上がりました。漢方を煎じる音、漢方生薬がぶつかる音、小松さんとめぐり会った最初の場所の自然の音・・・が曲の中に表現されています。 漢方薬の効果を引き出すために、漢方薬を音楽に書き換えました。とても素敵な音感が楽・・・

・・・続きを読む

漢方薬が出来上がりました・・・黄連解毒散

2018年11月26日

むつごろう薬局オリジナルの漢方薬の一つに、黄連解毒散があります。毎年この時期大活躍する漢方薬です。忘年会でお酒を飲まれる方にとっては力ず良い味方となります。 この漢方薬ができたのは、1700年前。とても歴史がある漢方薬です。「胸中熱邪を清解する聖薬なりと、浅田宗伯先生は言っています。当にお酒の飲み・・・

・・・続きを読む

NEWSPAPER no188(むつごろう・むつみ新聞)

2018年11月12日

むつごろう・むつみ新聞188号が出来上がりました。 このところ、お店が立て込むことが多く、今回の発行は10日ほど遅れてしまいました。申し訳ございません。2019年の幕開けまで2か月を切りました。来年は、ラグビー世界ワールをドカップが日本で行われます。ラグビーファンの私にとって、とても楽しみです。ラ・・・

・・・続きを読む

芍薬を掘り上げてみました。

2018年10月22日

写真は、今年の芍薬です。ただ、もう少し育ててみるともっと太くなりそうです。 静岡から千葉八千代に引っ越した芍薬、良く育っています。勿論無農薬、有機栽培です。芍薬は栽培に6年かかります。私の人生であと何回この芍薬を見ることができるのでしょうか。やはり自然はダイナミックです。店のテーブルるの上に置くだ・・・

・・・続きを読む

カラスビシャク(半夏(はんげ)」

2018年10月03日

はんげ とは、変わった名前ですよね。漢方薬の中に入っている成分の一つで、なくてはならない大切な生薬です。東洋医学を志すものは皆一度は半夏をかじって涙したものです。強烈な、のどにしみるえぐさがあります。エグ味は蓚酸カルシウムです。ただ、とても安全な薬草でつわりの時にも半夏入りの漢方薬が大活躍するのです・・・

・・・続きを読む

漢方医学の専門誌「漢方の臨床9月号」に、論説を掲載いたしました

2018年09月28日

畑の中の三陰三陽(少陽病)   少陽病のキーワード 口苦、咽乾、目弦、胸脇苦満、往来寒熱、舌白苔、脈は弦、緊、細。表裏間、表的少陽、 裏的少陽、柴胡剤、柴胡・黄芩の二味の薬徴。 はじめに 春の彼岸過ぎに蒔いた三島柴胡の発芽は、1ヶ月という非常に長い時間を要した。2本の・・・

・・・続きを読む

NEWSPAPER no187(むつごろう・むつみ新聞)

2018年09月27日

皆さんこんにちは  朝夕は気温が下がり、秋らしくなってまいりました。いや、最近の気候は秋を通り過ぎてすぐ冬になりそうですね。これも地球温暖化の影響でしょうか。先日NHKの番組で東洋医学のすばらしさを3時間番組で放送されました。ご覧になられた方も多いと思いますが、とても素晴らしい内容でした。漢方薬だ・・・

・・・続きを読む

3 / 2012345...1020...最後 »