西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

今日の静岡は気温が下がり少し秋の気配が致します。畑の当帰はまだまだこれからも成長していきます。温暖化の影響か、今年も地上部が黄色くなるのは年を越しそうです。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方温腹巻 ・・私たちは、婦人の主薬「当帰」を無農薬・有機肥料で栽培を始めて20年が経ちます。その畑の当帰葉による汗を吸う力、湿気を外に出す力を活かし、保湿力に優れた100%の絹防糸で一つ一つ丁寧に染め上げ、腹巻を作りました。全てが手作りの為、染に多少ムラがございますが、植物由来の力で心も体もポカポカになっていただければと思います。この商品にご興味がある方は担当薬剤師までお申し付けください。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

静かな力

2010年03月20日

先月、私の尊敬する人がこの世を去った。すばらし笑顔で、いつも家族や周りの人を包み込んでいた。静かで穏やかな声は、私の耳から離れない。
難病に歯が立たないときや、せっかくご懐妊されたのに、流産してしまった報告を受けたときは、自分の実力の無さに悲しくなる。三千年前の漢方の先哲も同じように悩んだに違いない。春一番に地面から血が吹き出るごとき芽を出す芍薬の根を生理痛に使い、心臓に似ているラッキョを胸痛に使うことを見いだしたのは、目の前の方を何とか助けたいという強い思いが、なせた技ではなかろうか。二千年前に完成された漢方薬が時を越え我々に有効的に効いてくるのは、先哲達の血のにじむような思いがあってからこそであろう。
本物はいつも静かに動いている。穏やかに、ゆっくりと。私の師田畑隆一郎先生が自分の背中でいつも弟子達に伝えている心の言葉である。静かな力は、長い年月を経て、次に繋がっていく。その漢方療法を正しく使い、結果を出していくことが、私たちの役割である。
 
薬剤師 鈴木寛彦