西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

薬草畑では、そろそろ牡丹が開花します。


むつごろう新聞

トピックス情報

赤ちゃんが欲しい「あかほしネット」にご紹介を頂きました。

https://akahoshi.net/facility/pickup/detail-8.php

 

 


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

赤ちゃんが欲しいの「あかほしネット」にご紹介を頂きました。

2020年03月04日

https://akahoshi.net/facility/pickup/detail-8.php

Q:ストレスは妊娠によくないと聞きますが、どうしてですか?

A;ストレスは、子宮や卵巣への血流も悪くしてしまいます。 漢方は、その緩和の手助けをします。

ストレスは肝臓の働きを弱め 血流の滞りにも影響 鈴木さんのもとには、年に100人近くのかたから、うれしい報告が届くそう。  赤ちゃんができないと悩むかたの、実に70%は原因がはっきりわからないと言われており、そこにストレスが影響をしているケースは少なくありません。実際私のもとを訪れるかたの中には、仕事のこと、家族のことでひとり悩んでいたり、周囲の何気ない言葉に心を乱しているかたが多くいます。  なぜ、「ストレスで不妊?」と思うかもしれませんが、からだはストレスがかかると緊張で筋肉が硬くなり、血液のスムーズな流れを妨げてしまいます。すると子宮や卵巣への血流も悪くなり、妊娠しにくくなってしまうのです。また疲労が溜まった血液中の毒素は肝臓で浄化されますが、ストレスがあると肝臓の働きが悪くなり、毒素を含んだ血液が体内に停滞。それもまた、血流を悪くしたり、赤ちゃんを遠ざける原因になってしまいます。