西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

朝の薬草畑は、とても気持ちが良いです。元気が出てくるのは土に触っているからでしょうか。

まだ当帰の芽は出てきません。


むつごろう新聞

トピックス情報

毎年、東邦大学薬学部小池教授から、ぼたんを頂きます。この牡丹は7-8年物になりますが、毎年色鮮やかな花を咲かせます。とても良い香りで店先が包まれます。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

芍薬を掘り上げてみました。

2018年10月22日

写真は、今年の芍薬です。ただ、もう少し育ててみるともっと太くなりそうです。

静岡から千葉八千代に引っ越した芍薬、良く育っています。勿論無農薬、有機栽培です。芍薬は栽培に6年かかります。私の人生であと何回この芍薬を見ることができるのでしょうか。やはり自然はダイナミックです。店のテーブルるの上に置くだけで、成分のペオニフロリンの香りが部屋一面に広がります。お腹の緊張が緩んで、トイレに行きたくなります。芍薬は甘草とペアーを組んで筋肉の緊張をほぐしてくれます。足のつり、腹直筋を緩めたりします。そして、漢方薬にはなくてはならない大切な生薬です。