西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

梅雨の晴れ間に畑に出ました。もうそこは雑草だらけ。当帰は雑草に埋もれながらしっかりと成長していました。無農薬栽培は大変ですが、薬草も強くなります。


むつごろう新聞

トピックス情報

東邦大学の薬草園を歩きました。丁度、カギカズラ(釣藤鈎)の花が満開でした。釣藤鈎は脳の血流を良くしたり、血圧を下げたり、神経の興奮を冷ましたりと現代病にはもってこいです。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

畑の芸術作品

2018年12月10日

この作品は、なんだかわかりますか?

実はこれ、昨日畑に行って持ってきたものです。雑草をかたずけるのに一苦労でした。雑草の種が全身にくっ付きとるのも大変、チクチクと皮膚を刺激する中での作業も大変でした。

 雑草の中で眠るように横になっていたものは、「当帰(とうき)」の幹の部分でした。今年の5-6月に満開の花を咲かせ、たくさんの種を作って頂いた当帰の最後の姿でした。ご苦労様です。

 自然の姿はとても不思議な形を作ります。どんな芸術作品も自然の作ったものには歯が立ちません。人間を超える何かがあるのですね。自然を大切にしなければ、このような感動も受けられません。これから来年に向けての作業が始まります。漢方堆肥を入れて、何回もうなっていきます。

     

     (6月に撮影した、満開の当帰の花)