西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

暑さはいつまで続くのでしょうか。畑にいると植物の呼吸が聞こえてくるようです。暑さで短気になってきていませんか。深い呼吸を心がてることが大切です。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方温腹巻 ・・私たちは、婦人の主薬「当帰」を無農薬・有機肥料で栽培を始めて20年が経ちます。その畑の当帰葉による汗を吸う力、湿気を外に出す力を活かし、保湿力に優れた100%の絹防糸で一つ一つ丁寧に染め上げ、腹巻を作りました。全てが手作りの為、染に多少ムラがございますが、植物由来の力で心も体もポカポカになっていただければと思います。この商品にご興味がある方は担当薬剤師までお申し付けください。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

漢方の煎じ滓を堆肥に

2018年02月19日

 この写真何かわかりますでしょうか。

薬局で煎じた漢方薬の残りかすを畑にまいているのです。昨年から、始めているのですが薬草が良く育ちます。雑草も良く育ちますので夏が大変になります。

 むつごろう薬局で、初めて薬草を育てたのが今から約20年前、東京麻布の松柏堂医院の中村篤彦先生に教わりました。あっという間の20年でした。生薬を作ることは時間がかかります。例えば芍薬は収穫まで6年かかります。自分の人生の中であと何回収穫ができるのか考えますと、ちょっと寂しく感じてしまいます。

 今年も、畑作業が本格的に始まります。また、随時ご報告をさせて頂きます。