西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

薬草園では、芍薬がきれいな花を咲かせています。まだ、蕾も5つありました。芍薬の香りは気持ちをリラックスさせてくれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

今年最後の駿府城外堀薬草園の芍薬の花です。静岡では牡丹の後に芍薬が咲きます。これから夏に向けて根っこが成長していきます。一年後をお楽しみに。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

漢方の基本的な考えとは?

2019年03月06日

 

 

漢方とは痛みや怪我など局所的な体の不調だけではなく、身体全体の状態を鑑みて治療法を決めていく医学です。

 

このとき特徴的なのは、病人を治すことだけを目的として治療を行うことです。病ではなく、人を診る漢方では当たり前の考え方なのですが、病のほうに気を取られて本来の目的を見失ってしまうことは、残念ながら医療が進んだ現在においても見受けられます。

 

個人を診る漢方においては、同じ病気でも症状や体質が違えば処方も異なり、違う病でも同じ処方になるということがよくあります。また、漢方薬を服用すると主たる疾病だけではなく、他の不調な箇所もよくなったという話もよくあることなのです。

 

漢方で最も基本となるのが、「証(しょう)」です。

聞きなれない言葉かもしれませんが、証とは個々の体質や状態など見極める「ものさし」の意味合いをもちます。この「証」をしっかりと見定めることが、漢方における治療の鍵を握っていくのです。

 

特によく使われる証が「実証」と「虚証」です。

これらは体質や外見を分類するものになります。

 

<虚証>

・体力がなく虚弱

・水太り、または痩せ型

・肌に潤いがない

・冷え性

・下痢になりやすい

 

<実証>

・体力がありがっしりとしている

・血行がよく筋肉質

・便秘気味

・食欲旺盛

 

一般的に、虚証は虚弱体質や病に対する抵抗力が弱く、実証は頑強で抵抗力がある状態とされ、ふたつは相反する位置にあると考えてよいでしょう。いずれかに偏らずバランスがとれているのを「中間証」といい、これが最も病気になりやすい状態とされています。

 

虚実を判断する際には、個人の症状と体質が一致しない場合もあります。そこを判断するのには、経験に裏打ちされた眼が必要となのです。

 

 

もうひとつ、漢方で押さえておきたい「証」があります。

「陰証」と「陽証」です。

 

陰証とは消極的で新陳代謝が悪く、体温が低下して寒冷の状態を指します。

対して、陽証とは活動的で新陳代謝が盛ん、活発な状態です。

こちらも虚証と実証のように、どちらかに偏らないよう保つことで健康の維持に役立ちます。

 

最後に、身体の不調を司る「気(き)、血(けつ)、水(すい)」を紹介します。漢方ではこの3つが滞りなく循環することで各組織が正常に働き、病気になりにくく天寿を全うできるとされています。

 

これら3つは、次のような意味を持っています。

 

本来持っている、生きようとする生命エネルギーを指します。

食物などから取り込まれて、消化されたエネルギーが蓄えられたものと考えてもいいでしょう。

“気力”や“元気”の“気”などが、これに由来しています。

 

この気の巡りが悪化すると、心身のバランスがとれずに不調に至ります。

 

血液や、それによってもたらされる栄養のことを指します。

生命を支える力であり、血が多いと闘争的、少ないと肌のツヤが失われてしまいます。

 

体液や尿など、血液以外の無色の液体のことを指します。

代謝や免疫などに関与し、老廃物を排出する役割も果たしています。

 

漢方では、気・血・水が上手く体内を巡ることで、健康が維持されていると考えられています。