西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

今年の「おけら(蒼朮)」の花も終わりました。寒い冬は、かれながらも新芽が出る春までこの体勢で立ち続けます。蒼朮は胃によく働きます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

循環の大切さ・・・

2011年03月02日

畑にイノシシが糞をしていました。イノシシは植物の根や実、または昆虫やミミズなどを食べます。そして畑に糞をして、その糞をバクテリアが分解し、肥えた土にします。肥えた土は、植物やミミズの栄養となり、それをまたイノシシが食べます・・・。当たり前のことですが、自然は”循環”しています。私たち人間も、少し前まではイノシシのように自然と循環していましたが、最近そのレール(自然の循環)から外れて行っているようで心配です。野原(畑)で汗を流し、そこで採れる野菜を食べていればまず便秘にはならないでしょう。今では女子中学生の100人に2人が摂食障害といいますから、この先心配です。経済発展や受験戦争だけでは本当の幸せは得られない。まずは自然と循環することで、心身の健康を得ることのほうが生きるうえでは大切でしょう。

薬剤師兼百姓 白井憲太郎