西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

今日の静岡は気温が下がり少し秋の気配が致します。畑の当帰はまだまだこれからも成長していきます。温暖化の影響か、今年も地上部が黄色くなるのは年を越しそうです。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方温腹巻 ・・私たちは、婦人の主薬「当帰」を無農薬・有機肥料で栽培を始めて20年が経ちます。その畑の当帰葉による汗を吸う力、湿気を外に出す力を活かし、保湿力に優れた100%の絹防糸で一つ一つ丁寧に染め上げ、腹巻を作りました。全てが手作りの為、染に多少ムラがございますが、植物由来の力で心も体もポカポカになっていただければと思います。この商品にご興味がある方は担当薬剤師までお申し付けください。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

五苓散(ごれいさん)の製造

2012年03月24日

漢方薬の五苓散を、製造いたしました。五苓散の効能は、尿量減少、口渇、めまい、頭痛、浮腫、腎炎、ネフローゼの浮腫となります。

古典の漢方書「金匱要略」(きんきようりゃく)には喉が渇いて水を飲むと、たちまち吐いてしまい再び渇くときに使うと書いてあり、ここを応用して、子供の吐き下し風邪のお薬としても使われます。ただ、生薬をそのまま粉にして作る五苓散はとても飲みにくいので’おもゆ’で服用すると飲みやすくなります。静岡店では、もっぱら頭痛に持ちることが多く、まずい味ですが、証に合えばよく効いてくれます。二日酔いにももってこいですから、歓迎会でお酒が心配の方は、一度試しください。

静岡店 薬剤師 谷津吉美