西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

今日の静岡は気温が下がり少し秋の気配が致します。畑の当帰はまだまだこれからも成長していきます。温暖化の影響か、今年も地上部が黄色くなるのは年を越しそうです。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方温腹巻 ・・私たちは、婦人の主薬「当帰」を無農薬・有機肥料で栽培を始めて20年が経ちます。その畑の当帰葉による汗を吸う力、湿気を外に出す力を活かし、保湿力に優れた100%の絹防糸で一つ一つ丁寧に染め上げ、腹巻を作りました。全てが手作りの為、染に多少ムラがございますが、植物由来の力で心も体もポカポカになっていただければと思います。この商品にご興味がある方は担当薬剤師までお申し付けください。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

世界に認められた日本の医術

2019年03月01日

江戸時代に入ると鎖国が始まり、大陸との交流や貿易には制限がかかります。

医学も例に漏れず限定的な情報しか得られなかったため、日本独自の考え方や治療法が発展していくことになりました。

 

漢方からは横道に逸れてしまいますが、日本の医学史にとって非常に重要な部分になりますので、少しだけ触れていこうと思います。

 

〜優れた産科の技術〜

 

江戸時代に活躍した医師のひとり、賀川玄悦は産科の医師であり、賀川流産科の祖とも呼ばれていました。その所以は、産科に手術を取りいれたり、鉗子分娩などの助産術を独自に考案するなど、多くの難産を救った点にあります。

 

彼が、産科医としての長年の臨床経験を元に著した「産論」は、後に日本へ訪れたオランダのシーボルトによってヨーロッパへ紹介されたほど高い評価を得ている書物です。

 

もうひとつ、賀川玄悦は正常胎位の発見という大きな業績を残しています。

それまで出産時には、胎児が回転することで頭が下へ向き、分娩に至るという考え方がなされていました。彼はそのような固定概念にとらわれず、自らの目で観察、考察して導いたことは賞賛に値します。

 

 

〜世界で初めての全身麻酔〜

 

華岡青洲は、世界で初めて全身麻酔による乳がん摘出を行った外科医です。

実に、欧米でクロロホルムを用いた全身麻酔がなされる40年も前の話になるのですが。

 

以前、京都で外科医として診療に当たっていた華岡青洲は、中国で麻酔薬を使った手術が行われていたという話を耳にします。それを聞いた彼は、自分も麻酔薬を使って多くの命を救いたいという強い気持ちを抱き、実現するために邁進していきます。

 

詳しい研究内容については残されていませんが、試作した麻酔薬は患者に使用する前に、彼の母親と妻の身体を使って効果を確認していたとされています。こうして完成した麻酔薬は多くの患者を救い、彼の名は日本だけではなく世界の医学史にその名を馳せます。

 

しかし、これだけ大きな業績を残しながら、彼の著書はひとつも残されていません。なぜなら、患者と真摯に向き合い、個人の状態や症状に合わせて対処することの必要性を説いており、そのためには自身の知識と技術を磨いて向上させていく他ないと考えていたからです。

 

彼は、医学を学ぶのに近道はない、そう言いたかったのかもしれません。