西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

今年の「おけら(蒼朮)」の花も終わりました。寒い冬は、かれながらも新芽が出る春までこの体勢で立ち続けます。蒼朮は胃によく働きます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

カラスビシャク(半夏(はんげ)」

2018年10月03日

はんげ とは、変わった名前ですよね。漢方薬の中に入っている成分の一つで、なくてはならない大切な生薬です。東洋医学を志すものは皆一度は半夏をかじって涙したものです。強烈な、のどにしみるえぐさがあります。エグ味は蓚酸カルシウムです。ただ、とても安全な薬草でつわりの時にも半夏入りの漢方薬が大活躍するのです。

半夏の成長はとても変わっていて、夏に向けてまるでコブラのような長い首を立ち上げます。これがカラスビシャクの名の由来で、「烏柄杓」と書きます。

この半夏とペアーを組む生姜はこのエグ味を消してくれるだけでなく、胃腸の調子を整え、特に吐き気や、逆流性を改善させます。

 暑い夏が終わり、胃腸の調子あるくなる人も多いこの季節にぴったりの生薬です。