西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

暑さはいつまで続くのでしょうか。畑にいると植物の呼吸が聞こえてくるようです。暑さで短気になってきていませんか。深い呼吸を心がてることが大切です。

むつごろう新聞

トピックス情報

漢方温腹巻 ・・私たちは、婦人の主薬「当帰」を無農薬・有機肥料で栽培を始めて20年が経ちます。その畑の当帰葉による汗を吸う力、湿気を外に出す力を活かし、保湿力に優れた100%の絹防糸で一つ一つ丁寧に染め上げ、腹巻を作りました。全てが手作りの為、染に多少ムラがございますが、植物由来の力で心も体もポカポカになっていただければと思います。この商品にご興味がある方は担当薬剤師までお申し付けください。

ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

漢方講演会のお知らせ(東京港区)

2019年08月19日

9月11日(水)東京港区福祉施設にて漢方薬の講演会がございます。 テーマは、「漢方薬」です。 港区民が対象になりますが、ご興味のある方は一度担当薬剤師までご相談ください。・・・

・・・続きを読む

夏の薬草園

2019年07月29日

いよいよ暑さが厳しくなってきました。天気予報を見ていざ畑に出陣。抜いても抜いても雑草が襲ってきます。鎌で草を引くのですが、やはり根を絶たなくてはあっと言う間に元の姿に成長してしまいます。病気も同じように感じました。表面に出ている症状にとらわれてその原因を考えなくては・・・・・。  その原因を知るこ・・・

・・・続きを読む

NEWSPAPER no192(むつごろう・むつみ新聞)

2019年07月10日

No192号が出来上がりました。ご興味のある方はご覧ください。 1、水毒からくる婦人病 2、喉の痛みに 3、信玄の健康法 4、商品の紹介・・漢方温腹巻 5、information   mutsugoro_192_cs6_190625・・・

・・・続きを読む

東邦大学薬学部、漢方講義を終えて

2019年07月03日

今年も、5月、6月の大学での講義も無事終わりました。 5月の講義では、時間が長引きすぎていまし、学生さんの集中力が落ちてしまいました。申し訳ございませんでした。後半6月の講義はやり方を変え集中力が持続できるよう頑張りました。 評価は、学生さんのレポートからですが、自分が伝えたいところや、東洋医学・・・

・・・続きを読む

東邦大学薬学部漢方講義について

2019年06月17日

漢方講義は、 6月18日(火) 薬剤師鈴木が漢方の講義がありますので、東京店(むつみ薬局)はお休みさせていただきます。 尚、お電話でのご相談、ご予約変更はいつも通り致しますのでご連絡お待ちしております。・・・

・・・続きを読む

質の良い生薬を求めて

2019年06月05日

上の写真は、漢方生薬の茯苓です。松の木を切り倒してしばらくすると根の先や周りに、菌糸体が塊を作ります。これが茯苓です。中国ではおかゆに入れて食べることもあるそうです。味はそれほどありませんが美味しいものではありません。以前、漢方の勉強会で発表した内容を以下に乗せておきます。ご興味がある方は読んでくだ・・・

・・・続きを読む

紫雲膏を作りました

2019年05月15日

今日は、朝から紫雲膏と言う、漢方の軟膏づくりをしています。 お店の中は、当帰をごま油であげたとてもよい香りで一杯です。まだ、食事前ですのでお腹が空いてきます。紫雲膏は、火傷、床ずれの特効薬で、多くの皮膚のトラブルにつかわれます。じっくり時間をかけてつくりますから出来上がりが夕方になりそうです。・・・

・・・続きを読む

むつごろう・むつみ新聞・・・No191

2019年05月01日

いよいよ、新しい時代の幕開けです。 令和はどのような時代になるのでしょうか。私たちスタッフ一同、いつでもお客様に寄り添い少しでもつらい症状を減らせるように努力してまいります。 よろしくお願い致します。 新しい新聞が出来上がりました。ご興味のある方はご覧ください。 内容 1、漢方薬を畑から作・・・

・・・続きを読む

漢方薬の効果的な飲み方

2019年04月03日

「漢方薬は飲みにくい」そう感じている人は多いようです。 それもそのはず、西洋薬は錠剤やカプセル剤にしたり味をつけたりと飲みやすく加工してあるのに対し、漢方薬は生薬そのままの味がするのですから。 それがまた風味があって良いという人は別ですが、せっかく処方してもらっても飲まずにいるのはもった・・・

・・・続きを読む

漢方薬を畑から作る

2019年03月29日

 「グサッ、グサッ、グサッ、スコップを8回突き刺す。後は、力いっぱいスコップの柄を地面に押し付ける。畑の土が30cmほど盛り上がり、その中からは、芍薬の根がまるでたこの足のように姿を現した。5年ぶりの芍薬の根とのご対面である。 芍薬の収穫に立ち会ったのはこれで2回目である。1回目は・・・

・・・続きを読む

1 / 2012345...1020...最後 »