西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

今年も大きな房をつけました。牡丹の種がぎっしりこの中に入っています。牡丹は根から増えますので種は撒いたことがありません。撒いてみたい方がありましたら差し上げます。ご連絡下さい。

むつごろう新聞

トピックス情報

今年最後の駿府城外堀薬草園の芍薬の花です。静岡では牡丹の後に芍薬が咲きます。これから夏に向けて根っこが成長していきます。一年後をお楽しみに。

ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

薬草達の新芽が出てきました

2015年03月12日

皆さん、こんにちは。 むつごろう畑では、芍薬、牡丹、当帰といった薬草達が、芽吹き始めています。芍薬の新芽は、真っ赤で、まるで畑から血しぶきが上がっているようですが、芍薬は人体に入っても“血を治す薬”で、硬いお腹を血しぶきのごとく突き破ってお腹を柔らかくします。 面白いですね漢・・・

・・・続きを読む

現在、芍薬の収穫に明け暮れております

2015年02月15日

皆さん、こんにちは。現在むつごろう畑では、芍薬の収穫に追われています。ほぼ、野生に近い状態で育てている芍薬の香りと効き目は抜群です。まだまだ頑張って掘ります。只今薬局内にて乾燥中です。・・・

・・・続きを読む

シャクヤクの収穫

2015年01月10日

自然栽培のシャクヤクを収穫しています。シャクヤクを掘っていると、毎日何匹ものカブトムシの幼虫がでてきます。幼虫は肥えた腐葉土を食べますので、シャクヤクの質は間違いないと判断しています。幼虫は天然のバロメーターですね。・・・

・・・続きを読む

大和芍薬を植えていきます・・・

2014年11月07日

これから、大和芍薬を1000本ほど植えていく予定です。シャクヤクは、筋肉の緊張を緩めます。現代人は、冷たいものを飲食したり、仕事で常に緊張を強いられ、お腹の筋肉、腹直筋が緊張しています。これにより、冷え症や内臓機能の低下を招き、不妊症などの原因にもなっています。こだわりたいで・・・

・・・続きを読む

完全無農薬ナツメの収穫

2014年10月11日

無農薬ナツメの実を収穫しました。木の周りには、害虫を食べるスズメバチやカマキリ、クモなどがたくさんいたせいか、ほとんど虫に食べられていませんでした。生薬名は大棗(たいそう)と呼んで、内臓の収縮、こわばりを改善し、血行を良くします。 ・・・

・・・続きを読む

2014年09月17日

ナツメ「生薬名:大棗(たいそう)」が鈴なりにできています。今年は豊作ですね。効能は、孿引強急を治すといいます。意味は、筋肉のひきつり、こわばりを治します。人の身体は病むと、たいてい縮こまり、血流が悪くなりますが、大棗は、この縮こまりを伸ばし、血流を良くします。H26年9月12日撮・・・

・・・続きを読む

2014年08月26日

お盆明けに畑に出てみると、ハチの巣ができていました。ただ当帰の害虫を食べてくれるのはとてもありがたいです。(H26年8月22日撮影)・・・

・・・続きを読む

2014年08月01日

自然栽培中の当帰が、元気に育っています。収穫が楽しみですね。H26年7月12日撮影・・・

・・・続きを読む

2014年07月24日

当帰畑を草刈中。草を刈ってそのまま敷き、じゅうたんのようにフカフカにしていきます。全部で3反(約1000坪)、頑張ります(汗)。H26年6月13日撮影・・・

・・・続きを読む

7 / 7« 先頭...34567