西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

 皆様、新年はいかがお過ごしでしょうか。この薬樹は10年前に植えた山茱萸の木です。これからとても鮮やかの黄色の花を咲かせます。山茱萸は実を使い、滋養強壮剤として使われますが、下半身を強くし、膝腰を温め、痛み、耳なり、耳が聞こえにくい方にも使われます。

むつごろう新聞

トピックス情報

漢方音楽が、出来上がりました。作曲家の小松正史さんと作りました。2018年12月7日にリリースされます。むつごろう薬局・むつみ薬局・京都にて数か所で同時販売致します。ご予約を受け付けています。

ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

畑を広げました

2016年03月04日

少し大げさに鍬を振り上げています。横の畑が借りられて、山の上の「はこにわ薬草畑」は二倍になりました。今年は婦人薬、当帰の苗を育ててみます。10年ぶりですから、少し心配です。・・・

・・・続きを読む

黄連(おうれん)の花が咲きました。

2016年02月19日

私たちの薬局では、生薬の質を重視しています。実は、漢方の師匠、田畑隆一郎先生から厳しく言われているからです。写真の黄連は、丹波地方の山に、職人たちが入って天然のものをとってきていただいているのです。仕入れ価格も10倍違うのですがとてもよく効きいてくれます。もう15年前からこの黄連・・・

・・・続きを読む

今年の目標

2016年01月06日

今年もよろしくお願いいたします。むつごろう箱庭薬草園の今年のテーマは、当帰の苗作りです。年末に、少し畑を大きくしました。そこに、昨年とれた大和産の種をまいていきます。良い苗ができるよう頑張っていきますので、応援のほどよろしくお願いいたします。・・・

・・・続きを読む

冬の間に堆肥をたっぷりと

2015年12月25日

今年は、暖冬ですね。静岡の畑ぽかぽかです。ツタンカーメンの時代から受け継がれた豆も芽が出て大ききなってきています。畑に堆肥をたっぷりまいて、今年植えた当帰、芍薬、牡丹が来年にしっかり芽が出てほしいと願っております。皆様も風邪を引かないよう、体をよく動かしてくださいね。今年一年あり・・・

・・・続きを読む

2015年11月27日

来年に向けて堆肥をまきました。例年になく雨が多い静岡ですが、農業高校でかった特製の堆肥をたっぷりまきました。芍薬、当帰、牡丹、そしてツタンカーメンのえんどう豆が大きく育ってほしいと思います。・・・

・・・続きを読む

来年に向けて

2015年11月06日

芍薬が来年に向けて芽を出しています。静岡の日中はまだまだ暖かく、当帰も地上部が枯れそうもありません。年を越してより大きくなってくださいね。・・・

・・・続きを読む

当帰、芍薬、牡丹の植え替え

2015年10月19日

皆様こんにちはこの度静岡市の清水港が一望できる山の上に新しい畑を借りました。修善寺から引き継ぎました当帰、芍薬、牡丹を晴天の日曜日植えました。広さは、猫の額程度ですが、少しずつ大きくできるように頑張っていきます。・・・

・・・続きを読む

当帰が、開花しています。

2015年07月16日

皆さん、こんにちは。現在むつごろう畑では、当帰が開花し始めています。この時季は、蒸し暑さで雑草刈りも大変ですが、当帰の花に癒されています。・・・

・・・続きを読む