西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

朝の薬草畑は、とても気持ちが良いです。元気が出てくるのは土に触っているからでしょうか。

まだ当帰の芽は出てきません。

むつごろう新聞

トピックス情報

毎年、東邦大学薬学部小池教授から、ぼたんを頂きます。この牡丹は7-8年物になりますが、毎年色鮮やかな花を咲かせます。とても良い香りで店先が包まれます。

ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

2019年04月03日

朝の薬草畑は、とても気持ちが良いです。元気が出てくるのは土に触っているからでしょうか。 まだ当帰の芽は出てきません。・・・

・・・続きを読む

当帰種まき

2019年03月19日

当帰の種蒔が始まりました。例年より二週間早くなりました。畝幅50センチで筋蒔きで撒いてみました。これからが雑草との戦いです。無事大きくなってほしいものです。 ・・・

・・・続きを読む

無農薬のもみ殻

2019年03月01日

静岡市安東米店の店主から頂戴した無農薬もみ殻を撒いています。畑で作業を始めると空の鳥たちがにぎやかになってきます。土の中の虫を狙っているのでしょうか。本能的にこの畑の虫たちは安全とわかるのでしょうか。・・・

・・・続きを読む

漢方堆肥

2019年01月28日

漢方堆肥です。これを使って、今年は当帰の苗作りに挑戦です。とはいっても研究用に作る程度ですが。毎年奈良から届く素晴らしい当帰の苗に少しでも近づきたいと思います。・・・

・・・続きを読む

2019年01月07日

 皆様、新年はいかがお過ごしでしょうか。この薬樹は10年前に植えた山茱萸の木です。これからとても鮮やかの黄色の花を咲かせます。山茱萸は実を使い、滋養強壮剤として使われますが、下半身を強くし、膝腰を温め、痛み、耳なり、耳が聞こえにくい方にも使われます。・・・

・・・続きを読む

2018年12月26日

27日(水)朝の畑からの景色です。寒さが身に凍みますが、畑に来ると元気が湧くから不思議です。今年最後の畑仕事です。皆様良いお年をお迎えください。・・・

・・・続きを読む

2018年12月06日

この時期、黄金の薬草がそびえ立ちます。これは、おけら(蒼朮)です。春が来るまで枯れても堂々と立っています。この強さが人間の体の胃腸や、水毒を救います。・・・

・・・続きを読む

2018年11月07日

二階堂東邦大学名誉教授から、なつめの実が届きました。国産の完全無農薬のなつめです。実は小さいのですがとても香りが強く美味しそうです。 ・・・

・・・続きを読む

2018年08月13日

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。・・・

・・・続きを読む

ボタンの種

2018年08月08日

暑さ極まるこの時期、東洋医学の傷寒論でいう、「陽明病(ようめいびょう)」の時期に似ています。お薬は、熱を取るものを使いますが、冷たい飲み物より、常温の方が体は疲れません。秋の病気は、今作られます。・・・

・・・続きを読む

1 / 712345...最後 »