西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

やはり、漢方というものは婦人科疾患において、大変に有用で、欠かせないものだと実感しました。漢方薬を作るうえでの生薬1つ1つに着目してみても、その効用は多岐に渡ります。私が鈴木先生のお話の中で、印象的であったのは、自身で生薬を作られているということです。無農薬の、質の良い畑から、良質な生薬を作っていく。治療は既に始まっているのだな、と感じました。生薬作りに関して私が強い興味を抱いた理由の1つに、サークル活動の一環で行った、芍薬のペオニフロリン量の測定があります。それは、芍薬を育てている方から芍薬の根を頂き、含有量を調べたのですが、その地域の特性により、含有量が異なってくるのです。そういって数値的に見ていくだけでも生薬は実に奥が深いものです。ましてや作るともなれば、なおさらでしょう。スライドで挙げてくださった生薬の写真は美しく、何年もかけてやっと熟した生薬、花を見たら本当に感動しました。やはり、薬も人の手から作られている、ということを見れた貴重な体験でした。
ありがとうございました。