西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

今日の静岡は気温が下がり少し秋の気配が致します。畑の当帰はまだまだこれからも成長していきます。温暖化の影響か、今年も地上部が黄色くなるのは年を越しそうです。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方温腹巻 ・・私たちは、婦人の主薬「当帰」を無農薬・有機肥料で栽培を始めて20年が経ちます。その畑の当帰葉による汗を吸う力、湿気を外に出す力を活かし、保湿力に優れた100%の絹防糸で一つ一つ丁寧に染め上げ、腹巻を作りました。全てが手作りの為、染に多少ムラがございますが、植物由来の力で心も体もポカポカになっていただければと思います。この商品にご興味がある方は担当薬剤師までお申し付けください。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生の講義では、漢方の魅力を教えて頂いた気がします。
10年間の不妊症で悩んでいた方が、漢方を服用して1ヵ月でご妊娠したという話を聞いている時点では、魔法のような話としか捉えることが出来ませんでしたが、実際その様な事が起きていると思うと、漢方のすごさをひしひしと実感します。漢方薬と患者さんの相性が合うと、今まで治らなかったものも治ってしまうのを考えると、その分間違った処方をいかに防げるかも大事だと思います。これだけの漢方があります。毎回証が正確に合うとは限りません。そこで大事なのは、患者とのコミュニケーションです。鈴木先生は、お話の中でどの患者さんとも何回も面談をくり返し、少しの変化も見逃すまいという感じでした。この一人一人への細やかな対応が証を合わせるために大切な事だと痛感しました。また、イメージすること、実際自分が体験することをさらに大切にしながら、これからの講義に生かしていきたいと思います。