西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

今日の静岡は気温が下がり少し秋の気配が致します。畑の当帰はまだまだこれからも成長していきます。温暖化の影響か、今年も地上部が黄色くなるのは年を越しそうです。


むつごろう新聞

トピックス情報

漢方温腹巻 ・・私たちは、婦人の主薬「当帰」を無農薬・有機肥料で栽培を始めて20年が経ちます。その畑の当帰葉による汗を吸う力、湿気を外に出す力を活かし、保湿力に優れた100%の絹防糸で一つ一つ丁寧に染め上げ、腹巻を作りました。全てが手作りの為、染に多少ムラがございますが、植物由来の力で心も体もポカポカになっていただければと思います。この商品にご興味がある方は担当薬剤師までお申し付けください。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

漢方と婦人科疾患の関係は生薬学の授業ですでに勉強していましたが、講義でさらに詳しく聞けることを知り、すごく楽しみにしていました。まず、望診、聞診、問診、切診の四診の見極め方ついて学び、それぞれに特徴があることを知りました。望診には駐車の仕方、姿勢、顔つきから判断すること、聞診では口臭、声の大きさから判断するなどそれぞれの診断の意味を改めて学ぶことができました。特に興味深いと感じたのは駐車の仕方で漢方を決めることができると先生がおっしゃっていたことです。駐車スペースにぴったり入らないと気が済まないという人は柴胡桂枝乾姜湯を使うと最初に先生がおっしゃったときとても驚きました。普段何気なくしていることで漢方を決めることができるとは思ってもみなかったので衝撃を受けたし、すごいと思いました。このようなことも、薬学を学んでいくことで知識を得たものと生薬の知識を組み合わせるとできるようになるのかなと思ったし、もっと勉強を頑張りたいと思いました。また、先生からいただいた資料で永久保存活用の「健康に生きる食べ物・飲み物」を見てこれからの食事を考えていきたいと思います。また、甘いものを食べすぎると女性ホルモンが崩れると聞いたのでこれからは適度にとってきたいと思います。