西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

畑の薬草たちは順調に育っています。二年目の当帰は花を咲かせています。根がやせてしまいますが種の収穫用です。熱くなる日が多くなるので専ら仕事は朝と夕方になります。


むつごろう新聞

トピックス情報

赤ちゃんが欲しい「あかほしネット」にご紹介を頂きました。

https://akahoshi.net/facility/pickup/detail-8.php

 

 


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方温腹巻
漢方音楽
人と空間が生きる音デザイン

講義後の薬学生のレポート

この講義の中で最も印象に残っているのは「生理痛がつらいとき、西洋薬ではなく漢方薬を飲んだ方が良い」という先生の教え(考え)です。西洋薬では痛み止めなど、その場しのぎにしかならず、将来もっとひどいことになる。だったら、漢方薬を飲んで血の巡りを良くし、根本的に解決した方が良い、という内容だったと思います。これにはとても納得しました。友人の中には毎月苦しんでいる人もいるので、ぜひ漢方薬を試してもらいたいと思いましたし、この内容は西洋薬と漢方薬の違いをとてもよく表していると思いました。先生のお話は自分の薬局で起きたことや薬局をつくるまでの話などから出発していて、とても楽しかったです。(そして、その内容が漢方につながっていてすごいと思いました。)