西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生の話を聞いて1番印象に残っていることは、「証を把握することが重要」ということです。西洋医学で治らないと思われていたものでも、証を把握する、つまり、患者と相性の良い漢方薬を正確に決定することで、病気の治療が良い方向に向かったという様々な例を聞いて、私は、感動しました。西洋医学では、病気の原因や病名がわかってからそれに対する医薬品を提供するけど、漢方では、患者さんそれぞれの証に合った漢方薬を提供するので、病名に関係なく多種多様な疾患に用いることができ、応用が効くところが本当にすごいと思いました。
私は今まで漢方薬にはあまり興味を持っていなかったけど、今回の漢方の様々な話を聞いて、西洋医学的な医薬品をつくる知識を身につけるだけでなく、患者さんの証を見極めて患者さんそれぞれに合った漢方薬を見つけられるような知識を身につけていきたいと思いました。