西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

薬草園では、芍薬がきれいな花を咲かせています。まだ、蕾も5つありました。芍薬の香りは気持ちをリラックスさせてくれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

今年最後の駿府城外堀薬草園の芍薬の花です。静岡では牡丹の後に芍薬が咲きます。これから夏に向けて根っこが成長していきます。一年後をお楽しみに。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

私は今回の実習の講義の中で、鈴木先生の講義が一番面白いなと思いました。漢方薬を処方するにあたっての診察で、望診、聞診、問診、切診があることをお話していただきました。その中での望診の話で患者さんが病院の中に入って来る前の言動も診察材料にするというのはとても驚きました。漢方ならではなのかなと思い、漢方の普通とは違った診察の仕方がおもしろいと思いました。また、日常的にあることが原因となっている話がおもしろかったです。口臭の話ですが、口臭はすごい身近にあります。その原因が、胃が乾いたことで胃が熱を持ち、口臭となると聞いた時は妙に納得しました。たった1回の講義でしたが、非常におもしろくてまた聞きたいと思えるような講義でした。分かりやすくておもしろい講義をありがとうございました。