西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

漢方堆肥です。これを使って、今年は当帰の苗作りに挑戦です。とはいっても研究用に作る程度ですが。毎年奈良から届く素晴らしい当帰の苗に少しでも近づきたいと思います。


むつごろう新聞

トピックス情報

 「漢方音楽」です。作曲家であり京都精華大学教授の小松正史さんと一緒にリラックス環境音楽を作りました。静岡朝日テレビが2月13日に、テレビ静岡が2月28日(木)11時19分から「ちょっといいタイム」で取り上げてくれます。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

私は今回の実習の講義の中で、鈴木先生の講義が一番面白いなと思いました。漢方薬を処方するにあたっての診察で、望診、聞診、問診、切診があることをお話していただきました。その中での望診の話で患者さんが病院の中に入って来る前の言動も診察材料にするというのはとても驚きました。漢方ならではなのかなと思い、漢方の普通とは違った診察の仕方がおもしろいと思いました。また、日常的にあることが原因となっている話がおもしろかったです。口臭の話ですが、口臭はすごい身近にあります。その原因が、胃が乾いたことで胃が熱を持ち、口臭となると聞いた時は妙に納得しました。たった1回の講義でしたが、非常におもしろくてまた聞きたいと思えるような講義でした。分かりやすくておもしろい講義をありがとうございました。