西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

朝の薬草畑は、とても気持ちが良いです。元気が出てくるのは土に触っているからでしょうか。

まだ当帰の芽は出てきません。


むつごろう新聞

トピックス情報

毎年、東邦大学薬学部小池教授から、ぼたんを頂きます。この牡丹は7-8年物になりますが、毎年色鮮やかな花を咲かせます。とても良い香りで店先が包まれます。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

婦人科疾患に用いる漢方ということで、自分自身女性なのでとても興味深いお話を聞かせて頂きました。不妊症と漢方はあまり関わりがないイメージでしたが実際はそんなことはなく、大いに関わりがあることが分かりました。また患者がどこが悪いのか何を求めているかをよく聞き、患者のニーズに合わせて漢方薬を処方する、それは簡単に出来ることではないが、薬剤師がやらなければならない仕事であり、それをミスなく完璧に行うのがプロフェッショナルな薬剤師である、と感じました。