西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

薬草園では、芍薬がきれいな花を咲かせています。まだ、蕾も5つありました。芍薬の香りは気持ちをリラックスさせてくれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

今年最後の駿府城外堀薬草園の芍薬の花です。静岡では牡丹の後に芍薬が咲きます。これから夏に向けて根っこが成長していきます。一年後をお楽しみに。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

婦人科疾患には本当に多くの疾患があるのだと初めて知った。生理痛や月経不順、冷え性、つわりなどはなんとなく分かるとしても、流産癖や子供のできない患者への治療ができるというのは私は驚きであった。先生のお話によると、子供ができなくて悩んでいる患者にも漢方(または相談を受けたことで)によって、それが改善され無事子供を授かることができたというお話をたくさんうかがえた。漢方とは、本当にあらゆる効果をもたらし、すばらしいものだと改めて感じた。それに伴って様々な種類や様々な分類があり、完璧に覚えて患者に処方するともなれば、かなりの知識がおおいに必要だと、改めて感じた。女性の一人としてもっと婦人科疾患について知りたいと思いましたし、もっともっと漢方について勉強したいと心から感じた。