西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

鈴木先生の講義を聞いて今まで知らなかったことや今後役立つようなお話をたくさん学ぶことが出来た。例えば漢方を学ぶ上では「証」が重要なこと、他の先生方の話でも聞いたがやはり漢方薬と患者の相性を把握することは大切だということを改めて確認することができた。他にはダイエットは生理不順の原因になったり、月経前症候群(PMS)としてイライラや集中力の低下、無気力や孤独感を感じることがあると知って女性である私としてもとても興味を持った。私もよく月経前、イライラしたり集中力が低下したりするのでそういった際、漢方薬を上手く活用すれば症状を改善できると学んだ。また陰性瘀血と陽性瘀血との証を決定するために四診が重要だということも学んだ。やはり患者さんの些細なサインを見逃してはいけない為、患者さんをきちんと観察することが重要だということを再確認した。