西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

この講義では女性として心当たりがある項目がたくさんありました。まず月経前症候群です。以前病院でPMSと言われそれから毎日ツムラのエキス剤を服用しています。その時は何も考えずに飲んでいましたが、今になって良く見ると当帰とか芍薬など代表的な婦人薬が含まれていて感動しました。また部活の研究で基礎体温を計り、一ヶ月間生姜紅茶を飲んで体温の変化をみることもしました。そこではじめて自分が冷え性であったことに気付きました。短期間の実験だったので効果はよく分かりませんでしたが、便秘やにきびが減ったりしたので代謝はよくなかったのかなと思います。このような体験から今回の講義はとても興味深いものであり面白かったです。食べもの・飲み物の表も参考にしてみようと思います。