西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

薬草園では、芍薬がきれいな花を咲かせています。まだ、蕾も5つありました。芍薬の香りは気持ちをリラックスさせてくれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

今年最後の駿府城外堀薬草園の芍薬の花です。静岡では牡丹の後に芍薬が咲きます。これから夏に向けて根っこが成長していきます。一年後をお楽しみに。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

漢方というものがどのような考え方で生まれどのように考えて処方が作られているのかというのが、とても良くわかるお話だった。とくに、四診について詳しい説明があり患者さんを見て嗅いで問診して触って、実際の姿を見て簡単な触診をするだけでどの処方を出せばよいかわかる(西洋医学のような精密検査なしに)という流れを実際に先生の経験も交えてお話いただいて、とても理解が深まった。お客さんの車の停め方や歩き方、話し方などからも処方のヒントを得るというのはとても驚いたのと同時に大変興味深く感じた。漢方がその人が元から持っている力を使って身体を健康な状態に戻す、という理論に基づいていることを改めて感じたお話だった。