西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

梅雨の晴れ間を縫って、畑に出かけました。この時期気を抜くととんでもないことになります。無農薬栽培の大変な時期が始まっています。(写真は当帰の花)


むつごろう新聞

トピックス情報

赤ちゃんが欲しい「あかほしネット」にご紹介を頂きました。

https://akahoshi.net/facility/pickup/detail-8.php

 

 


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方温腹巻
漢方音楽
人と空間が生きる音デザイン

講義後の薬学生のレポート

私も女性の一人ですが生理痛であまり悩まないタイプなのでそこまで生理痛の辛さは分からないですが、不妊症は人ごとではないと思い、思わず聞きいってしまいました。今回鈴木先生の授業で覚えた事は「証を把握する」ということです。証とは、漢方薬と患者との相性のことだということを知りました。もし自分が不妊症になったときは当帰芍薬散を飲もうかと思います。当帰はその名の通り、実家に当り帰ったら子供ができたという言い伝えからきたことを知ったので。