西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

とても興味深い講義であった。婦人科疾患と聞いて初めに思い浮かんだ病気はやはり不妊であったが、一概にそれだけとは言い切れず、婦人科疾患と言っても様々な病気があることが分かった。例えば桂枝茯苓丸では血流がよくなり生理痛が治る。また、温経湯は肩こりや唇のあれに効く。実際の症状や本人の四診をもとに、どのような治療を行えばよいのかを具体的に解説していただいたため、よく理解することができた。西洋薬は長期使用によって不妊を招くかもしれないものがあるのに対して、漢方薬は長期使用によって不妊を治療することができる。安易に西洋薬ばかりに頼るのではなく、漢方薬も使用してみたいと思えるようになった。また、証が合えばガンも治るというのは私にとって驚きであった。漢方薬は良く分からないと毛嫌いするのではなく実際に触れてみてその効果を実感し、積極的に使用できたらいいと思った。