西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

今回の講義の中で一番印象に残ったのは、五感を全て使って処方する漢方を判断するというところです。特に話の行間を読むという勘とも言えるようなものはなかなか身につけることができないものだと思います。その患者さんに最適な漢方を処方するためには熟達した漢方薬剤師の経験による判断が必要だと思います。実は自分は薬学を勉強するまで漢方と聞くとあまりいい印象を持っていませんでした。ですが、大学や今回の講義で漢方に対する勉強をした今では西洋医学と伝統医学どちらが優れているかではなく、どちらにも良い点があると思っています。自分は今大学院で研究をしており、科学的なものの見方を重要に思っていますが、今回の講義を聞いて傷寒論や金匱要略など数千年の経験によるものも少し勉強をしてみたいと思うようになりました。