西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

本日の講義では、様々な実例を通して、漢方について教えて頂くことでその一部を学ぶ事が出来ました。今回の講義の内容は興味深いことが多くありましたが、自分が興味を持ったことの一つ目は「漢方の証」についてです。今回の講義の中で、湿度、温度、患者の顔色、声の大きさ、動きから患者の状態が推測するという望診、聞診、問診、切診などの話を聞き、本当に感心しました。そのような事が出来るためには相当の努力が必要でしょうし、病院の医師の方も患者の顔色、声の大きさや動きからその方の病状を判断する事はありますが、温度や湿度から判断することはあまりないと思います。ただ、本当に患者の事を考えるならばそういうことも必要ではないかと思いました。また今回の講義の中では、「不妊」について大きく取り上げられていました。現在、日本では少子化が進んでおり、その点から考えても「不妊」という疾患の治療は今後、さらに重要になっていくのではないかと思います。ただ、西洋医学でも「不妊」のための治療薬は多くないのが現状ですので、漢方薬を用いる治療は非常に重要なことであると考えます。今回の漢方の講義では、自分の知識や理解力が足りないため、理解するのが多少困難なところもありましたが、そういうところを除けば非常にためになる講義だったと思います。