西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

今回の授業では、むつごろう薬局の鈴木先生から、婦人科疾患における漢方療法についてお話を伺いました。生理不順、不妊症、子宮内膜症などを例にとり、実際の症例について、症状や治療の経過を説明していただきました。また、漢方にはいくつかの基本となる処方があり、それに含まれる生薬の量を一部変えてみたり、他の生薬を加えたりすることによって、様々な処方へと派生する、ということを教えていただきました。鈴木先生はご自身で畑で当帰や柴胡などの生薬を育てているそうで、婦人科疾患に登場する生薬についての説明のところでは、起源や効能のほか、見た目や成長の様子についても教えていただきました。鈴木先生が実際に生薬を育てる中で感じた事、例えば当帰を湯もみした後の姿は婦人科の薬らしく女性の横座りに似ているとか、アケビは人の腎臓によく似ているとか、柴胡は油を多く含むため、人が摂取したときにも体内で汚れた油を流してくれるのだろう、といったことは、最初は経験による勘のような能力なのかと思いました。しかし、昔の人々はそうして予想を立て、薬として使えるものと使えないものとを分け、体系化していったのだろうと考えると、人間が元々持っている能力なのではないか、それが今の人間では鈍くなってしまっているのではないかと感じました。私には時々、特定のものが無性に食べたくなる時があって、そのときはそれに含まれる成分が不足しているということを体が感じているのではないかと思っていたので、それと近い感覚なのではないかと思いました。自然と接することで、元々持っている感覚を磨くことと、人と接することで相手の状態を感じ取れるようになることが大切なのだと感じました。