西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

梅雨の晴れ間を縫って、畑に出かけました。この時期気を抜くととんでもないことになります。無農薬栽培の大変な時期が始まっています。(写真は当帰の花)


むつごろう新聞

トピックス情報

赤ちゃんが欲しい「あかほしネット」にご紹介を頂きました。

https://akahoshi.net/facility/pickup/detail-8.php

 

 


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方温腹巻
漢方音楽
人と空間が生きる音デザイン

講義後の薬学生のレポート

私は生理痛の時、痛くなる前に市販の痛み止めを飲んでいたが、それを続けると後々恐ろしい事態になり得ることを聞き驚いた。実習書を読むと私は陽性のようなので、漢方でこのようなことが無ければ桂枝茯苓丸から試していきたい。自分で使用することでより漢方を身近に感じるだろう。また、不妊症だった女性に漢方を処方したところ無事妊娠なさったということや、ガンが治ったことがあるという話を聞き、漢方はそこまで効果を発揮するのかと非常に驚き感動した。西洋医学でもガンは薬だけで治療するのは困難であるはずだが、自然に近い状態で治せるのなら西洋医学に頼らずとも漢方で治した方が体にとって良いのではないだろうか。それとも、漢方でカバーすることでより効果が発揮されるのだろうか。その仕組みが気になるところである。私は授業やこの実習で生薬を学び、多少分かったつもりでいたが、花や根のスライドを見てもこれがどの生薬か分からなかった。生薬の姿を婦人病と関連付けていた発想がおもしろかったので、そうやって覚えていきたいと思った。また、実際に育てることもできたらより関心が出るのだろうか。私にとって生薬は覚えていくことが非常に大変なので育てやすいものがあれば挑戦してみたい。婦人病に効く漢方なら私も利用しやすので使ってみたいと思った。