西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

今回婦人科疾患をテーマとした講義だったので、全体を通して興味をもって話が聞けた。月経不順や肌荒れ、冷え症などは普段身に覚えがあるため、漢方で治せる事を知ることができた。不妊症などは私にも身近な人にも起こりうる事なので、漢方も一つの解決方法に使えるのだと学んだ。西洋の治療だと肉体的に患者に合う薬物を投与することになるかもしれないが、不妊症は肉体的だけでなく、精神的にも苦しめられることになる。そのため肉体的、精神的の両方に作用することが可能な漢方による治療の方が、確実性は高いのかもしれないと考えられる。
また、鈴木先生の講義で患者の駐車の仕方まで見ていることに驚いた。薬局に来た患者の駐車で何回も何回も切り返している人がいると、精神的に几帳面だったり、せっかちだ、という事がわかるそうだ。確かに言われてみると、そうだと思うが、そこまで患者と向きあって、本当に治すためにぬかりのない観察、診断を行っていらっしゃるのだと考えさせられた。

実際の漢方の薬草などの写真をみて、特にボタン科の芍薬の花や、牡丹皮の印象が強く残った。スケッチで見るよりも、外にある薬草をみると、また違った形の様にみえた。