西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

初めに婦人科疾患について、様々なものがあり女性としては少し不安になりました。他の疾患とは違い、生理痛など今でも当てはまるものもあり、将来当てはまりそうなものもあったからです。月経、つわり、冷え性などに関しては以前までに聞いた講義からも、漢方で良くなると思いましたが、不妊症や子宮内膜症などの疾患まで漢方薬だけで本当に治せるのかと思いました。
しかし、鈴木先生の講義を聞き、漢方薬は思っていたよりも凄いものだとわかりました。特に「証」が合った時の漢方の話は驚きました。不妊症の人が漢方薬を服用したら数か月後には妊娠をしたという症例だけでもいくつかあり、五十肩で長い間腕が上がらなかったのに漢方薬一服だけですぐに上がったという症例もあり、証が合うとすぐにはっきりとした効果が現れる場合もあると知りました。特定の病気を治すための薬ではなく、患者の症状に合わせた薬として使われているので、その症状が緩和されるだけなら納得できますが、病気自体が良くなることは信じられないと思いました。更に、癌の陽性と診断された患者が陰性になったという話は印象的でした。面白いと思った話は、駐車場での駐車の仕方から漢方を考えるということです。それだけで何が良いか判断できることが不思議でした。後から考えてみると、4台分のスペースに止めてしまう人は短気で、何度もやり直して止める人は神経質なところがあるということなのかと思いましたが、漢方薬を選ぶのは難しいと思いました。講義中に試食した当帰はセロリやトマトジュースのような味がしておいしいと思いました。また最後に見せていただいた生薬などの写真は、今まで勉強してきた中では見た事のないものも見られて、イメージしていたものと違うものもありました。今回鈴木先生の講義を聞いていたことで、今まで勉強してきた時よりも、漢方の考え方や漢方薬の証が合った時の効き方の良さ、瘀血の陰・陽に合わせた薬や食べ物の選び方など、多くのことを知ることができました。また初めに不安に思った婦人科疾患も、自分に合った漢方薬を使う事で良くなると分かりました。漢方薬は重要なものだと思うようになり、薬学生としてこれからたくさん学ばないといけないものの一つだと思いました。