西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

梅雨の晴れ間を縫って、畑に出かけました。この時期気を抜くととんでもないことになります。無農薬栽培の大変な時期が始まっています。(写真は当帰の花)


むつごろう新聞

トピックス情報

赤ちゃんが欲しい「あかほしネット」にご紹介を頂きました。

https://akahoshi.net/facility/pickup/detail-8.php

 

 


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方温腹巻
漢方音楽
人と空間が生きる音デザイン

講義後の薬学生のレポート

婦人科疾患ということでしたが、その領域内だけでも様々な漢方薬の分類があることに驚きました。実習書に記載されている内容は、本当に基礎中の基礎なのでしょうが、そのような知識やその応用を、患者さんをいざ目の前にして活用していくには、相当熟知していないと出来ないことだと思います。増してや現代医療の主である西洋医学では、漢方処方時に患者さんに四診を行った結果、その症状から患者さんに合った処方を選択するといったことは不可能です。なので、西洋医学より寧ろ漢方の方が難しいのではないかと考えます。ですが、これからの薬剤師は、こう言った漢方にも長けることを求められるのだと思います。漢方薬も扱える薬剤師になることは、私の薬剤師としての理想像の一つですから、あらゆることを躊躇わずに取り組んでいこうと思っています。 最近では、婦人科疾患の話題が以前よりも顕著であるように感じます。それは、現代社会のストレスが大きいのではないかと考えています。鈴木先生は、植物から薬を作るという方法を取っていると仰っていました。そうすることで、自身の生薬や漢方の知識を育むことが出来るだけではなく、患者さんの悩みを親身になって聴いて理解でき、さらには薬剤師としての信用も得られるのだと思います。ストレス社会である今、そう言った方法を望む患者さんが多いのではないかと、話を聴いていて感じました。

そこまでの技術を身に付けるには及ばないと思いますが、患者さんのことを第一に考えて行動に移せる薬剤師になりたいと、改めて思いました。今回は本当にありがとうございました。