西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

私は女なので今回の講義の不妊症の話は興味深く、とても充実した時間でした。まず不妊症はただ子どもが生まれない病気としか考えていませんでしたが、「2年以上子どもが出来ない」という条件が付いたものであると初めて知りました。また不妊症の原因として無理なダイエットから来る生理不順やストレスなどの体の調子があまり良くないと起こりやすい事も初めて知りました。長い年月がかかる時もありますがまずは体の不調を治して不妊治療を行うべきだと思いました。不調を治すには漢方薬で治すだけでなく、普段から食べているもので健康を維持する方法もあります。例えばヨーグルトは体を冷やしねぎは体を温めます。体を冷やす食べものは陰性、体を温める食べ物は陽性と言い私はどちらかというと体を冷やす食べものの方が好きでした。実際に私は冷え性です。これから冬になり気温も下がるので体を温める陽性の食べものを食べて健康を維持していきたいと考えました。また漢方薬で治す前に望診や聞診などを行い証選びをすることが大切です。そしてその人に合った漢方薬を選ぶことも大切です。婦人薬になる生薬の写真も見せて頂きました。鈴木先生がおっしゃっていたように女性の姿をしているものが多いと感じました。今はまだ生薬の知識が十分ではないので学生時代に生薬の知識を蓄えたいと考えました。