西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

私は自分自身が女性であるという事もあり以前から婦人病に関心がありました。なので今回のこの講義を聞ける事を楽しみにしていました。婦人病には漢方薬が効くと書いてあるのを見た事がありました。ネットなどで調べたりしたのですが、その時は本当に漢方を飲むだけで生理不順が良くなったり不妊症が治り妊娠できるのかと不思議に思っていました。しかし色々調べているうちに納得が出来、また先生の講義で先生の薬局に来る患者さんの話を聞いて改めて漢方薬のすごさが分かりました。先生の話はどれも興味深く、2時間という時間があっという間に感じられました。現場での出来事の話が印象強く残っています。不妊症でずっと悩んでいた患者さんがしばらくの間漢方を飲んだら妊娠出来たり、がん患者さんを救う事ができたりとすごいなぁと思いました。漢方ではなく色々な所にある薬局の場合は患者さんに薬の説明などをして渡したりするだけですが、漢方薬局では薬剤師の方が患者さんの症状を診断したり相談事や話しなどを聞くことが出来るそうなので普通の薬局とは全く違うと分かりました。薬剤師でもそのような事が出来るというのにはとても驚きました。私の知らない事がたくさん知ることができましたし、とても貴重な時間を過ごせたと思います。