西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

日照時間が短いことが作物に影響しているようですが、当帰はむしろそれを喜んでいるように成長しています。当帰が「陰性のお血」の理由でしょうか。当帰はよく体を温めます。


むつごろう新聞

トピックス情報

ボタンの種が顔を出しました。採るのが早すぎたので、まだ茶色です。これから黒くなり房から飛び出てきます。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

講義後の薬学生のレポート

婦人科疾患と聞いてあまり私には関係ないと思っていたけれど、冷え性、生理痛、にきびなど当てはまるものが多かったのでとても興味が持てた。婦人科疾患に用いる事の出来る漢方が40種類あると聞いて思ったより多かったので驚いた。今回の講義の中で「証」という言葉が出てきて、私はそれまでこの言葉を知りませんでした。しかし「証」が合うとすぐ治ってしまうことや、証に合わせる事ができれば多種多様な疾患に使う事が出来るということを知って、証を把握することが漢方薬にとってとても大事なことなのだと思いました。また、自分自身は生理痛で悩んでいるけれど、痛み止めを飲んでしまうと後々病気になってしまうと聞いて驚きました。薬は飲まずに桂枝茯苓丸や当帰芍薬散などを使ってみようと思いました。この話を聞いてやはり血のめぐりを良くすることが大切なのかと思いました。この機会に自分の生活を見つめ直そうと思います。その他にも薬局に来た患者さんの車の止め方で処方がわかってしまうのがとてもおもしろいと思いました。ちょっとした行動などでも分かってしまって薬剤師の人はそんな細かい所まで見ていてすごいと思いました。私はまだ全然漢方薬についての知識はあまりないけど将来はそういう薬剤師になれるようにがんばろうと思いました。また、最後の方に言っていたアブ、ヒル、ゴキブリなどの動物性生薬も使うことに驚きました。処方された方の話もしてて効果はすごいのだと思ったけど、出来れば私は飲みたくないと思いました。婦人科疾患に用いる生薬についても写真などで詳しく知れたので良かったと思います。