西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

女性である私にとって本講義はとても興味深いものであった。将来は結婚して子供を持ちたいと思っているので、月経の事、子宮の病気についてなど食い入るように聞いていた。私の月経の悩みといえば、月経痛である。毎月の月経痛が重く、ひどい時には寝込むほどであり、時折吐き気もある。そして毎月のように服用してしまう薬にも不安を持っていた。しかし本講義で月経痛の痛みは子宮から血をはがれ落そうとして筋肉が引っ張られるからだと知り、何故だかとても納得していた。おそらく月経痛の痛みがぎゅーっとなる感じだからだ。そして薬については今までの常識をくつがえされてしまった。月経痛の薬は血をはがれ落とそうとする力を弱め、血を残してしまうという。そのことは今後の事を思うととても子宮に悪いことだと思った。しかし月経痛の重い私にとって薬はとても大事なものであった。ではどうすればよいか?鈴木先生は桂枝茯苓丸をすすめていらっしゃった。陽性・陰性で分けてもおそらく陽性のタイプであると思うのでこの機会に桂枝茯苓丸を服用してみようと思う。配布されたプリントの中で興味深く思ったのは、食べものの素である。生姜が身体を温めるのは今回の授業で勉強していたので理解していたが唐辛子が身体をひどく冷やす分類なのにはとても驚いた。生姜と同様辛味成分を含むし入浴剤にも使われ、口にした事も何度もあり、身体が熱くなった気がしたからだ。しかし良く考えてみて、原産国も関係するのかと考えた。そして表を見ると昔本で学んだ[白いものは身体を冷やし、色の濃いものは身体を温める]まさにその通りだと思った。本講義を受けて婦人科の病気について意識が高まり、しっかり気をつけようと思った。まだ子宮頸ガンの予防接種も受けていないので20歳になるまでに必ず受けようと思った。そして生薬でこんなにも婦人科に関することを扱えるのに感動し、またひとつ薬剤を学ぶ上での選択肢が広がった。