西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

婦人科の疾患や悩みは他人事ではないので、鈴木先生の講義はとてもためになりました。気・血・水の滞りが不調をもたらすことは学びましたが、特に気が血・水を巡らせていることや、血が回らない事で起こる瘀血によって引き起こされる病気がたくさんあり、女性に大きな影響を与えることを知りました。生理痛に対しむやみに痛み止めを使用しない方が良いと聞き、初めてその理由を知ったので驚きましたが、今知ることができて良かったです。証が合えばピタリと治ってしまう例のお話では、長い間治らなかった不妊症や、子宮ガンまで治ってしまったと聞き、とても感心しました。患者さんの車の停め方や行動から判断材料にできる観察力と、芍薬の芽ぶきが血のよう、ボタンが女性の姿のようとおっしゃったイメージ力の賜物だと思いました。また、体を温める食物、冷やす食物は普段から感じており、とても納得したので、これからは少し気を使いたいと思います。