西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

婦人科疾患に関わる漢方のお話ということで、これからのためになるであろう大事な情報を学ぶことができて、とても勉強になりました。婦人科疾患は女性ならば、誰もが起こりうる病気であります。それと同時に女性にとってとても悲しい病気だと思います。先生は「証」という言葉を何度も繰り返していました。話を聞いて私も「証」は漢方にとって一番大切なことなのだと知りました。患者さん一人一人と向き合い、患者さんの性格をまず読み取り、それから病気の診断をしていく。もはや、最初の治療は薬学の領域ではないと思いました。人とどう接すればいいのか、どうすれば本音を話してもらえるか。まるで心理学のようです。薬学部に入学してから、ずっと言われているコミュニケーションは本当にとても大切なんだと改めて感じることができました。今、主流となっている西洋の薬は一つ一つの病気に対して、しっかりとした効果をもっています。しかし、漢方と違って病気に対して薬を投与するため、患者一人一人に対しての考慮は、少なからず漢方よりは劣っていると感じます。確かに一人一人診る時間はないと思います。しかし、もう少し考えてもいいのかなと思います。病気になったら薬を飲む。この流れ作業で果たしていいのか。もっともっと薬剤師が患者さんと接することができる環境を作っていくべきだと感じた。