西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

梅雨の晴れ間を縫って、畑に出かけました。この時期気を抜くととんでもないことになります。無農薬栽培の大変な時期が始まっています。(写真は当帰の花)


むつごろう新聞

トピックス情報

赤ちゃんが欲しい「あかほしネット」にご紹介を頂きました。

https://akahoshi.net/facility/pickup/detail-8.php

 

 


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方温腹巻
漢方音楽
人と空間が生きる音デザイン

講義後の薬学生のレポート

先生の講義はまず自身の怪我の話から始まった。講義の数日前に柔道で腕を骨折してしまったらしい。そこで桂枝茯苓丸を大量に飲んで、医者が驚くほどの早さで骨折を治してしまった実話を聞いた。面白い話だったし、実際に漢方に効果があるという事で興味が湧いた。先生は講義の中でいくつか症例を見せてくれたので、漢方の良さがわかった。今回の講義では婦人科疾患に用いる漢方について教えて頂いた。漢方医療を学ぶ上で一番大切なことは証を把握する事だと教わった。また、婦人科疾患に使う漢方には二つのタイプがある事を知った。陽性瘀血と陰性瘀血だ。前者は積極的で熱を帯びるが後者は消極的で寒で新陳代謝が落ちる。瘀血とおなかの中にたまったヘドロを考えればいい。その原因になるのが、ストレス、運動不足、便秘、肝炎や胃炎の出す毒素らしい。それに加えて環境汚染、食べ物の添加物、農薬、保存料までもがヘドロの原因になる。長い歴史の中で環境汚染や食品添加物などは近年急に現れた。人間のめまぐるしい技術開発によって生活はどんどん変わっていくだろう。漢方もいつかこの先、変化が必要になるかもしれない。明治以降、漢方の灯が消えようとした時に、それを存続させるために多くの薬系の人々が努力して次のステップにつなげた。今後途絶えることがないようように、薬剤師として漢方の知識を増やし、活用したいと思う。