西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

今回の生薬学特論は婦人科疾患における漢方療法についての授業だった。今までの研究的な話の内容の授業とは違い、今回は薬局で薬剤師の仕事をしている先生による臨床的なお話だった。内容は婦人科疾患についてだったが、実際に先生が経験された様々な症例についての話であり、使った漢方薬の説明や、なぜそれを選んだのかなど色々な事について分かりやすく説明してくれて、非常に面白かった。きちんとした知識を持った人が一人一人に対して適切な漢方薬を選ぶと、すばらしい治療効果を発ししてすごいと思った。特に印象に残ったものの一つに大黄しゃ蟲丸がある。これは普通の生薬では効かないような癌などに使うものでその中にはゴキブリ、ウジ虫、アブ、ヒルと虫が入っているのだそうだ。鈴木先生は卵巣膿腫の患者さんに何からできているかを説明せずに大黄しゃ蟲丸を使ったらしいが、その患者さんには適切な効果が出てよかったが、自分では内容も知らないまま漢方薬を使うのは嫌だなと思った。