西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

梅雨の晴れ間を縫って、畑に出かけました。この時期気を抜くととんでもないことになります。無農薬栽培の大変な時期が始まっています。(写真は当帰の花)


むつごろう新聞

トピックス情報

赤ちゃんが欲しい「あかほしネット」にご紹介を頂きました。

https://akahoshi.net/facility/pickup/detail-8.php

 

 


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方温腹巻
漢方音楽
人と空間が生きる音デザイン

講義後の薬学生のレポート

今回の生薬学特論は婦人科疾患における漢方療法についての授業だった。今までの研究的な話の内容の授業とは違い、今回は薬局で薬剤師の仕事をしている先生による臨床的なお話だった。内容は婦人科疾患についてだったが、実際に先生が経験された様々な症例についての話であり、使った漢方薬の説明や、なぜそれを選んだのかなど色々な事について分かりやすく説明してくれて、非常に面白かった。きちんとした知識を持った人が一人一人に対して適切な漢方薬を選ぶと、すばらしい治療効果を発ししてすごいと思った。特に印象に残ったものの一つに大黄しゃ蟲丸がある。これは普通の生薬では効かないような癌などに使うものでその中にはゴキブリ、ウジ虫、アブ、ヒルと虫が入っているのだそうだ。鈴木先生は卵巣膿腫の患者さんに何からできているかを説明せずに大黄しゃ蟲丸を使ったらしいが、その患者さんには適切な効果が出てよかったが、自分では内容も知らないまま漢方薬を使うのは嫌だなと思った。