西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

今回の授業では、実際に漢方薬局の先生をお招きして、主に婦人科疾患に関する漢方療法について話を聞くことが出来ました。実際にあったケースを例に、生理不順や子宮内膜症、月経困難症、卵巣膿腫など、どのような症状の患者さんにどの処方を用いたかを学びました。中でも、月経困難症については安易に鎮痛剤を使うべきではなく、その原因によって薬を使い分ける必要があることを知りました。陰性瘀血の場合には芍薬を含む当帰芍薬散や当帰建中湯、陽性瘀血の場合には炎症を取り除く牡丹皮を含む桂枝茯苓丸や大黄牡丹皮湯を用い、また速効的に痛みを取るには、芍薬甘草湯や芍薬甘草附子湯を頓服することが有効であると分かりました。鎮痛剤の服用により、子宮内膜症や子宮筋腫などの器質性月経困難症へと移行することがあり、症状を悪化させてしまうこともあるため、十分に注意が必要であると感じました。不妊治療についても、いくつかの例について話を聞くことが出来ました。柴胡桂枝乾姜湯」は、取り越し苦労が多く、精神が高ぶっている人に使用するとリラックスさせる効果があるため、ストレス性の不妊に用いるなど、患者さんそれぞれの理由に合わせて処方を考える事が大切であると分かりました。生薬の形状が実はその作用を表していることがあるという話は興味深かったです。例えば、婦人疾患に良く用いられる生薬の一つに当帰があるが、42℃のお湯で湯もみを行い乾燥させたものは女性の横座りに似ているそうです。芍薬は地面から血が吹き出すように芽を出し、その形の通り血の巡りを良くする効果を持っています。腎によく似た形を持つ木通は、余分な水をさばく効果があり、気管支に形が似ている桔梗は咳などに良く使われるなど、意外なほど共通点が多いということを知りました。漢方には薬の強弱という概念はなく、患者さんの証によって処方を変えていくということも学びました。また温湿布と冷湿布を選択するときには、お風呂で症状が和らぐかということを基準にして考えれば良いといった日常生活からヒントを得て、患者さんに合った薬を応用していく考え方はとても新鮮でした。日頃から患者さんを良く観察することがとても大切であり、話をする時だけでなく、一つ一つの行動や姿勢、ほんの些細なことがヒントとなることもあると知りました。疾患だけではなく、今現在の状態や患者さんの生活を考慮に入れて、処方を考える事の大切さを学びました。「健康に生きる食べ物・飲み物」という表からは、食べ物について身体を温めるもの、冷やすものを具体的に知ることが出来ました。暑い地方で食べられているものは、身体を冷やす効果を持つものが多く、逆に寒い地方の食べ物は身体を温めることが多いと学びました。暑い地方でも良く使われる唐辛子については、身体を温めるというイメージがあったが、汗を出させることにより実は冷やす力を持っているということを学びました。また同じ食材であっても、少し手を加えることで性質が変わる事を知りました。例えば、生椎茸は身体を冷す作用を持つが、逆に干し椎茸は身体を温める作用を持っているそうです。普段何気なく、夏にそばを食べ、冬にお餅を食べることも、実はとても良く理にかなっているということを感じました。冷え性の人は、朝にパンを食べるとさらに身体が冷えてしますので、ご飯に変えた方が良いなど、食事を変えることで体質も改善することが出来るなど、医食同源の実践には食材の性質を理解する事がとても大切であると思いました。