西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

蒼朮(そうじゅつ)の花が満開です。別名「おけら」とも言います。とても可愛らしいい真っ白い花です。蒼朮は胃腸によく働き、また利水剤としてめまいを治します。沢瀉湯という回転性眩暈の漢方薬に含まれます。


むつごろう新聞

トピックス情報

駿府薬草園のクコの花が咲きました。とても可愛らしい花です。これから真っ赤な実がついていきます。ここは滋養強壮の働きや、目の疲れもとります。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶
漢方音楽

講義後の薬学生のレポート

生薬を畑で作っていると聞いて驚いた。しかし自ら育てることにより、生薬についての知識を深めることができるのと思うので、薬剤師にとって多くのメリットがあると思う。今回鈴木先生の講義を聞いて、薬剤師になるにあたって大切なことは、証を把握することであるということを学んだ。ただ単に病状を聞いて薬を処方するだけではなく、患者さんと向き合ってしっかりと四診を行い患者さんの体質や今の状態を知ることで、病気の治癒力が上がるそうだ。実際に数年もの間不妊症で悩んでいた方が、漢方を服用したところ1ケ月で妊娠されたと聞き、証を把握することがいかに患者さんの救いになるかということが分かった。また婦人科疾患に対応できる漢方で鈴木先生が実際に扱っているのは40種類もあるそうだが、それぞれが冷え性、生理不順などの症状からリウマチ、子宮内膜症、不妊症などの深刻な疾患まで幅広い婦人科疾患に作用すると聞いて、漢方の多様性を改めて知ることが出来た。月経不順などの婦人科疾患には縄跳びをして下半身の血行を良くすることが有効な養生らしいので、一日千回というのは結構きつそうではあるが、そのような症状をわずらってしまうようなことがあったら是非試してみようと思う。